物語は人生を救うのか

物語は人生を救うのか

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
紙の本 [参考] 924円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

世界を解釈し理解するためにストーリーがあった方が、人は幸福だったり、生きやすかったりします。実話とは? そして虚構とは? 偶然と必然って? 私たちの周りにあふれているストーリーとは何でしょう?

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくまプリマー新書
電子版発売日
2019年06月21日
紙の本の発売
2019年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

物語は人生を救うのか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月21日

    仕事柄気になって購入。
    読む前は、「こういうお話はこういうふうにいい気持ちになるんですよ」という、どこかキラキラフワフワしたことが書いてあるかと思った。

    読みはじめたら全く違って、ごりごりの物語論。
    ストーリーよりはナラティブについて、起きた事象の捉え方に触れている。

    みうらじゅんの「後ろメタフ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月15日

    『物語は人生を救うのか』思ってたよりめちゃ面白かった。プリマー新書だしタイトルからしてライトな自己啓発系かと思ってたけど、意外にしっかりした物語論が展開されてて発見が多かったし取り上げられた本ぜんぶ読んでみたい。自己啓発でもあるけれど学術的入門書としてもとても良い本だった。

    ものごとの前後関係はイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月12日

    私たちがいかに多くの思い込みと安易なストーリーに呪縛されているかがわかる。
    「期待」という一見ポジティヴなストーリー、安易な主体化を放棄しなければならない。それはたいてい、メディアとか、世間が作り出したまやかしだ。
    放棄の後にこそ、世界はほんとうに新鮮に、そしてリアルに見えてくる。
    ちっぽけな自分を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月23日

    "人は物語る動物ですが、その「物語る」という行為で自分を苦しめることもあるのです。人に罪悪感や疚しさを抱かせるストーリーやシステムからは、一刻も早く遠ざかることをおすすめします。"(p.190)

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています