決断 会社辞めるか辞めないか

決断 会社辞めるか辞めないか

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「このまま定年を迎えるか、それとも転職してもう一花咲かせるか」と悩みがちなミドルエイジ。今やテクノロジーやグローバリズムの影響で、会社どころか業界ごと消える可能性まであるし、ますます悩みは深い。一方、そうした激変が既に起きているのがメディア業界だと著者は指摘する。注目のメディア人はなぜ「決断」した? 同僚や家族はどう反応した? そしてお金はどうなった? 激動の今こそ、目利き人の「決断」に学べ!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書ラクレ
ページ数
232ページ
電子版発売日
2019年06月10日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
12MB

決断 会社辞めるか辞めないか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月05日

    決断とは副題にある「会社を辞めるか辞め
    ないか」のことを指しています。

    ただ中身としては著者と面識があると思わ
    れる四人の出版社に勤めていた人たちとの
    対談集です。

    結果として転職した人や、そのまま会社に
    残った人たちの話を細かく知ることが出来
    ます。

    あと書きに出てきますが、この四人に共通
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月08日

    激変の真っ只中にある出版業界で活躍した人の中で、転職した人しなかった人の4人に、「転職の決断」についてインタビューした本。

    仕事を楽しんでいる人は、本業とは別に(非営利の)ライフワークを持っていることが多いようです。自分の好きなことをライフワークとして打ち込むことで、本業にも好影響を与えるのかもし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月29日

    昨日今日で読んだ、成毛さんの本の中で最も参考に。
    圧倒的に成果がないな、オレは。ますます考えないと、60代70代が危ない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月05日

    ミッドライフクライシスの真っ只中の中年にとって、

    「本当に今の会社でいいのか」

    と心の声とどうつきあうか。
    それが問題です。

    やめちまえ、とも思う。
    でも、やめてなにができるのかな、とも思う。
    収入が減るのはこまる。
    出ている出費はよくわかる。

    ・・・。しかたない。

    この繰り返しを、一人で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月24日

    出版関係の人物と対談で、リアルな人生経験が伝わる。この本の対談相手と自分を比較して参考になるのは難しい。仕事のレベルが違いすぎる。ただ、感じたことは、全員の判断基準が自分のやりたいこと仕事ので動いていること。やりたいことが具体化していることは幸せだと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月05日

    ●読んで得たもの
     50代で会社を辞めるにはやはり勇気が必要なこと。

    ●感想
     4名の決断が対談形式で書かれている。
     そのうち3名は日経系列の会社。1名は東洋経済。
     やはり偏りがある。
     辞めても何ら問題がない実績があるから辞められるということ。
     肩書きや実績がない者にとって何を参考にできる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月01日

    ネットの発達で誰もがタダで情報を手に入れられる時代、メディア業界の存在意義が問われている。その業界にドップリ浸かってしまった50代の男たちが選択したそれぞれの決断を著者がインタビュー。

    起業した者もいれば、全くの異業種に転じた者、悩み抜いて業界に残った者もいる。

    ジリ貧になるのが予想されている業...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています