「つながり」の創りかた―新時代の収益化戦略 リカーリングモデル
  • 値引き

「つながり」の創りかた―新時代の収益化戦略 リカーリングモデル

作者名 :
値引き価格 1,540円 (1,400円+税) 4月9日まで
通常価格 2,200円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

サブスクリプション、フリーミアム、レーザーブレード、リース、リピーター、……。企業と顧客との「つながり」方が大きな変貌を遂げている。顧客の価値観が「所有から利用へ」と変化し、ものづくり企業にも、もの売り企業にとっても、ビジネスの常識が根本から覆る。本書では、リカーリング(継続収益)を生み出す、ユーザーとのつながりの創りかたを提案する。現在、最注目の「サブスクリプション」をマネタイズ研究の第一人者が説き明かした決定版!


【本書より】
 今、勝ち残るビジネスモデルとして注目されているのが、「サブスクリプション」です。実は、サブスクリプションは、「リカーリング」というビジネスモデルの1つです。
 私は、実業で役立つビジネスモデルを研究しているので、企業の悩みを聞く場面が多々あります。その中で、リカーリングモデルに変えようとして失敗した話も見聞きしてきました。なぜ失敗するのか。その答えは明白です。「つながり」という視点が圧倒的に欠けているからです。
 「つながりが不可欠な時代」に、どうしたら収益を生み出すビジネスモデルをつくれるのか。本書は、その理論を示すことが目的です。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
296ページ
電子版発売日
2019年06月07日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB

「つながり」の創りかた―新時代の収益化戦略 リカーリングモデル のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年09月14日

    サブスク バブルのいまだからこそ、冷静になりたい。
    そんなときに本書の考え方はとても参考になる。

    サブスク=継続課金にすればよいという局所的な視点にならず、顧客価値とマネタイズの両立を考える。

    特に、ユーザー視点、企業視点に立って、あらためてタッチポイントをどう作っていくのか。

    おすすめです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月21日

    大変読みやすい。
    サブスクリプション、カスタマーサクセスという言葉で、経営層から検討を指示されている実務者の人にオススメしたい。

    「 つながり」と表現している内容は、「カスタマーサクセス」と同義と読んで良いかと感じた。その意味でカスタマーサクセス本と内容はそっくりとも言える。
    ただ、こちらの方が経...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月30日

    ユーザーとの関係性を創る

    ジョブ思考では、穴に着眼してソリューションを提案
    (ニーズ思考でらドリルに着眼してプロダクトを提案)

    ユーザーの活動チェーンとメンバーシップ
    アップデートとアップグレード

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月23日

    リカーリングというビジネスモデルを理解し直すことを補助線に、カスタマーサクセス、メンバーシップを思考し直すために有益。
    すでにカスタマーサクセス職に従事する立場としては、考えを整理できただけでなく、ハッとするような示唆やヒントが散りばめられていて良かった。


    「すべてのタッチポイントは課金ポイント...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月31日

    SaaSの本質は継続課金/サブクリプションによるリカーリングモデルという点ではなく、顧客がサービスのメンバーとしてサービス改善に自発的に貢献するような関係性、つまり、「つながり」を創ることであると説く。つまり、つながりを保つことができれば、売切りモデルであっても、十分に成長が見込める。

    「つながり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年08月18日

    プロダクトでは無く、ジョブの解決。
    売り切りを前提としたバリュチェーンでは機能不全に陥る。
    アップグレードの概念。
    ユーザーの購入後の活動を理解する。
    アセタイズによる資産の増強(資産の枯渇の食い止め)。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています