池上彰の世界の見方 東南アジア~ASEANの国々~

池上彰の世界の見方 東南アジア~ASEANの国々~

作者名 :
通常価格 1,386円 (1,260円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

「明るい北朝鮮」と呼ばれる国はどこか?

アメリカと中国という超大国の間で生き抜くために、日本にとって東南アジア諸国の重要性は高まっている。しかし、東南アジア諸国や、これらの国のほとんどが加盟するASEAN(東南アジア諸国連合)についての知識が、日本人に広まっているとは言えない。以下の問いにすべて答えられる人はいるだろうか?
●「東南アジア」という概念は、どこの国の軍事侵攻の結果、生まれたか? ●ASEANはなぜ生まれたのか? ●ASEANの結束が高まった、日本が関わる貿易摩擦とは? ●「明るい北朝鮮」と呼ばれる国はどこか? ●「タイ式政権交代」とは何か? ●なぜインドネシアの中華街には漢字が見当たらないのか? 
わからなくても大丈夫。池上彰がわかりやすく徹底解説。東南アジア諸国の現代史や日本との関わりがすべてわかる! 東京学芸大学附属高校での白熱講義に、大幅加筆をして書籍化。人気シリーズ、待望の8巻目!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
池上彰の世界の見方
シリーズ
池上彰の世界の見方シリーズ
ページ数
240ページ
電子版発売日
2019年05月17日
紙の本の発売
2019年04月
サイズ(目安)
9MB

池上彰の世界の見方 東南アジア~ASEANの国々~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月27日

    身近な存在なのに、よく知らなかった東南アジアの国々のことがかなり理解出来ました。高校生に向けた話しとのことですが、大人にも是非読んでもらいたいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月15日

    池上彰さんによる東南アジア各国の歴史と今。いつもながらにわかりやすい。断片的な知識としては知っていたこともあるが、本書のおかげで東南アジアの現代史の大枠がつかめました。特に、インドネシア、カンボジアの独裁と虐殺については、その経緯をこれまであまり学んだことがなかったので、勉強になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月09日

    東南アジアの基本情報が学べる、非常に分かりやすい本です。一度読むだけではなく、復習のために何度も読もうと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月17日

    東南アジアの国々について知りたかったので読んでみました。
    オンライン英会話で、フィリピン、ベトナム、シンガポールの先生と話していることもあり、これらの国に興味がありました。
    この本で知った内容を、各国の先生方と話してみて、さらなる知識につながっていけばよいと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月08日

    海外のグループ会社と関わる部署に異動したことがきっかけで、盗難防止アジアの歴史や政治、日本との関わり、経済などを知りたいと思い読んだ本。

    読みやすい!わかりやすい!
    さすが池上彰さんです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月15日

    読んで良かった。
    宗教、政治、外交、、この地域との仕事をする上での基礎(国際協力の背景含む)が満載。
    必読であったと思う一方で、ある程度各国のイメージが自分の中にできてきた今だからこそ、理解できた部分も多いのかも。

    日本の占領がきっかけで東南アジア概念が誕生し、
    共産主義への防波堤としてASEAN...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月28日

    2019/11/28
    高校生に向けた池上彰さんの講義を文章化してまとめたもので、相変わらずとても読みやすいです。
    学校ではあまり詳しく学習しない東南アジアについて歴史から現在の概況に至るまでが分かりやすく説明されています。そしてその内容には日本も深く関わっていることを再認識させられます。
    特に、フィ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月24日

    世界三大がっかりは、マーライオン、ブリュッセルの小便小僧、フランスの人魚の泉。ロシア革命のときに赤軍と白軍が戦って、白軍は北海道に逃げてきてる。フィリピンやインドネシアの開発独裁も勉強になった。

    スカルノ→スハルト
    マルコス→アキノ(民主化)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月28日

    Youtube大学を見てから拝読。
    ほとんど同じ内容だった。
    (それだけ中田さんはよく短い間にまとめているということ!)

    知識がなかったためとても勉強になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月10日

    割と近隣の国々で日本とも交流が多いにも関わらず知らないことが多すぎてびっくり。
    シンガポールやマレーシアは訪れたことがあるだけに意外な真実にかなり心外・・・。
    池上さんのこのシリーズはホント、勉強になる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています