月虹のラーナ

月虹のラーナ

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

道化師のアルヴァンジェナ、売り子のジュデル、軍人のファーロン。不思議な遊園地で出会った三人は、人間のいなくなった世界で、「眠り」を探して旅に出た。彼らが唯一の手掛かりとするのは、古い言い伝え。遙か西にある<眼>は虹の生まれる場所で、同時にそこで「眠り」を司っているというのだが…。ノベル大賞を受賞した表題作に、書き下ろしの連作中篇を加えた、抒情ファンタジー。※あとがきは収録されていません。 【目次】月虹のラーナ/輝上の楽園/貝の柩 海の底に/Epilogue

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2019年03月29日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

月虹のラーナ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年09月24日

    この作者のデビュー作品。
    時々読み返したくなる宝石箱のような作品です。
    ある日突然人が消えてしまった世界で、無人の遊園地から物語は始まる。
    奇術師と売り子の人形。
    意志を持ち動き出した海に閉じ込められた人魚姫。
    風が止まると死んでしまう空族。
    その設定だけでわくわくする。世界観が凄く魅力的な可愛くど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月24日

    ノベル大賞を取った、この作家さんのデビュー作。
    不思議なちょっと哀しい世界観のお話で、コバルトってこういうのも受け付けてるんだー、と参考になりました。
    人魚の恋とかも、設定に?と思うところはあるものの、雰囲気のある世界観がまあ良かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    高校時代、作家を目指していた私は、コレを読んで「太刀打ちできない」と諦めた(笑)同じ高校生がこんな文章を書くなんて!詩で紡がれた中篇。
    ただ、以後の彼女の作品を読むと、長編向きではないように思われる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    道化師のアルヴァンジェナ、売り子のジュデル、軍人のファーロン。不思議な遊園地で出会った三人は、人間のいなくなった世界で、「眠り」を探して旅に出た。彼らが唯一の手掛かりとするのは、古い言い伝え。遙か西にある『眼』は虹の生まれる場所で、同時にそこで「眠り」を司っているというのだが…。
    ちょっとポエムがか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています