「影の総理」と呼ばれた男 野中広務 権力闘争の論理

「影の総理」と呼ばれた男 野中広務 権力闘争の論理

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
紙の本 [参考] 968円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2018年1月に逝去した政治家・野中広務の生涯。政敵とは徹底的に闘う、強面のイメージが強かった。だが、その一方で、戦争を憎み、沖縄に寄り沿い、平和を愛した政治家でもあった。その素顔に迫る。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / 人物評伝
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
電子版発売日
2018年12月19日
紙の本の発売
2018年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

「影の総理」と呼ばれた男 野中広務 権力闘争の論理 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年06月12日

    【愛のない社会は暗黒であり、汗のない社会は堕落である】(文中より引用)

    戦後保守政治の体現者であると同時に、時に「旧体制」の代表のようにも目された野中広務。弱者に寄り添う姿勢を常に保ちながら、同時に「政界の狙撃手」とも呼ばれた複雑な人間像に迫る作品です。著者は、日本テレビで総理官邸クラブのキャップ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月28日

     戦争を知り、部落差別を知るという昭和日本の暗黒面を体現した政治家。この本では、たたき上げの存在として野中広務を描き、エリートに対置している。
     人がいかに歪み、いかに足掻くか。その生々しい軌跡である。そして平成日本が遠ざけてしまった人の生々しさである。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月02日

    戦争は二度と起こさない。弱者を決して見捨てない。そのためならば平然と友を敵に回し、敵を友とした―権力闘争を挑み続け、「影の総理」「政界の狙撃手」と恐れられた男。硬と軟、恫喝と懐柔―強面の政治家が生涯を賭けて守ろうとしたものとは。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています