夜カフェ(6)
  • 最新刊

夜カフェ(6)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

あたしは必要とされてないのかな?
『夜カフェ』にも、ヤマト君にも……。

 クリスマス前。あこがれのヤマト君が一時帰国!
運悪く、あたしはインフルエンザに。
『夜カフェ』の手伝い要員にヤマト君が連れてきたのは、
おさななじみの女の子・アンナちゃん。
あっという間にみんなとなじんで、
『クリスマスナイト』の準備は彼女中心に進んでいく。
ヤマト君ととっても仲が良くて、お似合いで。
入り込むスキなんてない。
ゆれる気持ちをおさえられなくなったあたしは、ついに――。
 <小学校上級・中学から すべての漢字にふりがなつき>

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社青い鳥文庫
ページ数
208ページ
電子版発売日
2020年05月12日
紙の本の発売
2020年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
22MB

夜カフェ(6) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月24日

    待望の新刊。
    今回の巻でも、「その気持ち、分かる!!」の連発!
    どの巻を読んでも、必ず自分の気持ちにフィットしてくれて、しかも自分が変わるきっかけをくれるのが倉橋作品の凄いところ…。
    あと今回はヤマトくんがかっこよすぎです!!

    このレビューは参考になりましたか?

夜カフェ のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 夜カフェ(1)
    605円(税込)
    あたしは中1の黒沢花美(くろさわ・はなび)。新しい自分に生まれ変わろうと中学受験したのに、すべて不合格。地元の公立中学に入学することに。小学校と変わらない人間関係、部活には入りそびれ、家ではパパとママがけんかばかり。もう、こんな毎日いやっ! あたしは家を飛び出し、カフェを営む叔母さんの家へ。そこには、見知らぬ男子が暮らしていて……。居場所をさがしてもがく花美の恋と友情の物語、スタート!
  • 夜カフェ(2)
    605円(税込)
    あたしは中1の黒沢花美(くろさわ・はなび)。カフェを営む叔母の家で暮らしてる。あることがきっかけで、クラスのいじめがエスカレート。しかも、ただひとりの友だち・ティナちゃんと、ぎくしゃくしちゃって。おまけに、ティナちゃん、高1のヤマトくんとはじめた「夜カフェ」に、急に来なくなった子がいて……。負けるな! ガンバレ、あたし!
  • 夜カフェ(3)
    605円(税込)
    あたしは中1の黒沢花美(くろさわ・はなび)。カフェを営む叔母の愛子さんの家で暮らしてる。夏休みの間はティナちゃんも同居。「夜カフェ」に全力投球して、大充実の夏休みを送っていたら、とつぜん愛子さんが、たおれて入院。神様、愛子さんの命をうばわないで!! しかも、『夜カフェ』を守ろうとするあたしの前に、いじめの犯人・ヤヤコがあらわれて……。なんで、こんなことに!?<小学校上級・中学から・すべての...
  • 夜カフェ(4)
    605円(税込)
    なにがあってもぜったい味方! あたしは中2の黒沢花美(くろさわ・はなび)。 カフェを営む叔母の愛子さんの家で暮らしながら、 みんなでごはんを食べる場所「夜カフェ」を 親友のティナちゃんといっしょにひらいてる。 ティナちゃんのご両親は有名な俳優さんと女優さん。 その事実を必死にかくしてきたのに、 ある日ネットにティナちゃんの写真がのり、 ご両親のことが書かれていて! ネットにさらした...
  • 夜カフェ(5)
    605円(税込)
    お母さん、わたしにはわたしの気持ちがあるの! あたしは中2の黒沢花美(くろさわ・はなび)。 カフェを営む叔母の愛子さんの家で暮らしながら、 みんなでごはんを食べる場所『夜カフェ』をひらいてる。 ある日、『夜カフェ』の参加メンバーのひとり、 中1のナナミちゃんが傷ついた子猫をかかえてやってきた。 お母さんに、猫は飼えないから捨ててこいと言われたのだ。 「あなたのため」を連発するナナ...
  • 夜カフェ(6)
    605円(税込)
    あたしは必要とされてないのかな? 『夜カフェ』にも、ヤマト君にも……。  クリスマス前。あこがれのヤマト君が一時帰国! 運悪く、あたしはインフルエンザに。 『夜カフェ』の手伝い要員にヤマト君が連れてきたのは、 おさななじみの女の子・アンナちゃん。 あっという間にみんなとなじんで、 『クリスマスナイト』の準備は彼女中心に進んでいく。 ヤマト君ととっても仲が良くて、お似合いで。 入り込む...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています