ハーン ‐草と鉄と羊‐(12)
  • 完結
  • 最新刊

ハーン ‐草と鉄と羊‐(12)

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ユーラシア大陸に流れ着いた源義経の野望は、大陸をその手に収めること! ジェベの活躍もあり、かつては敗北を喫したライバル・ジャムカとの戦に勝利した義経たち。次なる戦を見据える中、イルハ・セングンより同盟強化のため義経とオン・ハーンの子供同士の婚姻の申し出を受けるが…。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング
電子版発売日
2020年04月23日
紙の本の発売
2020年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
72MB

関連タグ:

ハーン ‐草と鉄と羊‐(12) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月25日


    連載開始当初から「推しマン」として推し続けた、『ハーン-草と鉄と羊-』。
    全12巻で完結。普通に寂しいよ。

    史実の勉強してないから普通に漫画としてだけが楽しんだんだけどさ。キャラクターメイクが良いんだよな。


    ボォルチュの親しみやすさ。
    主人公は初期から強すぎで親しみゼロ。ボォルチュを通してわ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    良かったー(^∇^)

    Q 2020年04月23日

    最初は「ま-たジンギスカンは義経、ってか?www」と思ったけど、
    その辺実は副産物で、過酷な自然を味方に生き抜く人々のドラマ。
    遊牧民が短期間でも覇権を取った歴史。
    面白かったー!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    もう少し。。。

    わさび 2020年04月27日

    ここまでの伏線をきれいにまとめて完結。
    ただし、個人的には、それらの伏線を、もう少し膨らませて、物語を紡いで欲しかった。しりすぼみ感は拭えない。。。
    最近、そう言う終わり方が多い気がするが、やはり人気に左右された打ち切りなのかな。。。?

    このレビューは参考になりましたか?

ハーン ‐草と鉄と羊‐ のシリーズ作品 全12巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~12件目 / 12件
  • ハーン ‐草と鉄と羊‐(1)
    完結
    蝦夷地に住んでいた源義経は、兄・頼朝から追われていた。船に乗り込んで逃げようとしたが、その船は難破、着いた先はだだっ広い大陸。彼は復讐に囚われた人生を捨て、新たに生きることを決意した。裸一貫! 土地、人種、しがらみ。義経はすべてを飛び越え、曲者だらけのユーラシア大陸を駆け廻る! そして人類史最大の支配者になることができるのか!?
  • ハーン ‐草と鉄と羊‐(2)
    完結
    蝦夷地に住んでいた源義経は、兄・頼朝から追われていた。船に乗り込んで逃げようとしたが、その船は難破、着いた先は大陸。彼は復讐に囚われた人生を捨て、新たに生きることを決意した。裸一貫! 土地、人種、しがらみ。義経はすべてを飛び越える! だが、世界は広く、手強い! 義経を待ち受ける、遊牧民族たちとの戦い! そして物語は遥か西、ホラズム・シャー朝へ! 力と野望がユーラシア大陸を渦巻く中世歴史...
  • ハーン ‐草と鉄と羊‐(3)
    完結
    12世紀末、海を渡り、ユーラシア大陸へと辿り着いた、源九郎義経の新たな野望はーー大陸制覇! その足掛かりとなる場をモンゴルに決めた義経だったが、キャト氏とタイチウト族の遊牧民族同士の争いが勃発! さらには最強を誇る遊牧民族ケレイトをも巻き込み、義経のユーラシア大陸での初陣はいよいよ佳境へ! そして戦いを終えた義経を待つ、二つの「再会」とは!? 牛若丸が新たな一歩を踏み出す、中世歴史冒険譚...
  • ハーン ‐草と鉄と羊‐(4)
    完結
    蝦夷地に住んでいた源義経は、兄・頼朝から追われていた。船に乗り込んで逃げようとしたが、その船は難破、着いた先は大陸。彼は復讐に囚われた人生を捨て、新たに生きることを決意した。裸一貫! 土地、人種、しがらみ。義経はすべてを飛び越え、曲者だらけのユーラシア大陸を駆け廻る! オン・ハーンに対抗するため、同盟を組んだジャムカと義経を、ケレイトのダイルが狙う。一方、はるか西の地・ホラズム・シ...
  • ハーン ‐草と鉄と羊‐(5)
    完結
    蝦夷地に住んでいた源義経は、兄・頼朝から追われ、大陸に辿り着いた。彼は復讐に囚われた人生を捨て、新たに生きることを決意した。曲者だらけのユーラシア大陸を駆け廻る義経はテムジンと名乗り、次第に勇名をはせてきた。しかし彼の想い人・ボルテがオン・ハーンのケレイトに次いで草原で力を持つメルキトにさらわれてしまう。ボルテを救うために単身、メルキトに乗り込む! さらに草原で新たな火種が生まれ...
  • ハーン ‐草と鉄と羊‐(6)
    完結
    12世紀末、海を渡り、ユーラシア大陸へと辿り着いた源九郎義経の新たな野望は――大陸制覇!想い人・ボルテを巡るメルキトとの戦いから四年。ボルテを娶り、キャト氏の家長となった義経は、本格的にモンゴル統一へと動き出す!しかし、大陸の人間が知るはずのない「源九郎義経」の名を知る老人の策略により、かつて盟友となったあの男との、避けられない戦いの時が義経に迫る!
  • ハーン ‐草と鉄と羊‐(7)
    完結
    蝦夷地に住んでいた源義経は、兄・頼朝に追われ、大陸に辿り着いた。彼は復讐に囚われた人生を捨て、新たに生きることを決意。曲者だらけのユーラシア大陸を駆け廻る義経はテムジンと名乗り、次第に勇名をはせていく。さらに愛する女・ボルテをトクトワから救い出し、彼が率いるメルキトを倒し、より勢力を広げていった。しかし金の謎の老人の謀略で、盟友ジャムカと戦い追い込まれることに。絶体絶命のテム...
  • ハーン ‐草と鉄と羊‐(8)
    完結
    蝦夷地に住んでいた源義経は、兄・頼朝に追われ、大陸に辿り着いた。彼は復讐に囚われた人生を捨て、新たに生きることを決意。曲者だらけのユーラシア大陸を駆け廻る義経はテムジンと名乗り、次第に勇名をはせていく。さらに愛する女・ボルテをトクトワから救い出し、彼が率いるメルキトを倒し、より勢力を広げていった。しかし金の謎の老人の謀略で、盟友ジャムカと戦い、敗れてしまった。力をつけるため...
  • ハーン ‐草と鉄と羊‐(9)
    完結
    蝦夷地に住んでいた源義経は、兄・頼朝に追われ、大陸に辿り着いた。彼は復讐に囚われた人生を捨て、新たに生きることを決意。曲者だらけのユーラシア大陸を駆け廻る義経はテムジンと名乗り、次第に勇名をはせていく。さらに愛する女・ボルテをトクトワから救い出し、彼が率いるメルキトを倒し、より勢力を広げていった。しかし金の謎の老人の謀略で、盟友ジャムカと戦い追い敗れることに。起死回生の策と...
  • ハーン ‐草と鉄と羊‐(10)
    完結
    蝦夷地に住んでいた源義経は、兄・頼朝に追われ、大陸に辿り着いた。彼は復讐に囚われた人生を捨て、新たに生きることを決意。曲者だらけのユーラシア大陸を駆け廻る義経はテムジンと名乗り、次第に勇名をはせていく。さらに愛する女・ボルテをトクトワから救い出し、彼が率いるメルキトを倒し、より勢力を広げていった。しかし金の謎の老人の謀略で、盟友ジャムカと戦い、敗れてしまった。力をつけるため...
  • ハーン ‐草と鉄と羊‐(11)
    完結
    蝦夷地に住んでいた源義経は、兄・頼朝に追われ、大陸に辿り着いた。彼は復讐に囚われた人生を捨て、新たに生きることを決意。曲者だらけのユーラシア大陸を駆け廻る義経はテムジンと名乗り、次第に勇名をはせていく。一度は敗れたライバル・ジャムカとの戦に挑む義経。オン・ハーンの遣い、マムルークの将軍・ザハの活躍もあり、一進一退の攻防線に…! そして、緊迫する戦場に現れたのは…!?
  • ハーン ‐草と鉄と羊‐(12)
    完結
    ユーラシア大陸に流れ着いた源義経の野望は、大陸をその手に収めること! ジェベの活躍もあり、かつては敗北を喫したライバル・ジャムカとの戦に勝利した義経たち。次なる戦を見据える中、イルハ・セングンより同盟強化のため義経とオン・ハーンの子供同士の婚姻の申し出を受けるが…。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

ハーン ‐草と鉄と羊‐ に関連する記事