世界を救った日本の薬 画期的新薬はいかにして生まれたのか?

世界を救った日本の薬 画期的新薬はいかにして生まれたのか?

作者名 :
通常価格 1,188円 (1,080円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

がん治療に革命をもたらす「免疫チェックポイント阻害薬」、新型インフルエンザやエボラ出血熱に対抗できる抗ウイルス薬、がん治療の「魔法の弾丸」ともいえる分子標的治療薬など、日本人研究者が関与した「画期的新薬」が続々と誕生している。彼らはなぜ偉業を成すことができたのか。地を這うような苦闘の末に舞い降りた幸運の物語

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ブルーバックス
電子版発売日
2018年03月23日
紙の本の発売
2018年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
22MB

世界を救った日本の薬 画期的新薬はいかにして生まれたのか? のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年11月01日

    ネットで存在知り、思わず購入。
    大村先生や本庶先生などノーベル賞受賞者以外は、正直薬の名前しか分からず…という状態だが、経緯など読んでいて非常に楽しかった。
    ブルーバックスだけにやや専門性高いが、薬学部の学生となど読んでもタメになると感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています