真説・企業論 ビジネススクールが教えない経営学
  • 値引き

真説・企業論 ビジネススクールが教えない経営学

作者名 :
値引き価格 577円 (525円+税) 8月20日まで
通常価格 825円 (税込)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本経済はなぜ長期停滞しているのか。起業の活力もイノベーションの条件も不足しているからなのか。通説を覆し本当の可能性を探る。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
電子版発売日
2017年05月26日
紙の本の発売
2017年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

真説・企業論 ビジネススクールが教えない経営学 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月06日

    富山氏、赤羽氏を一刀両断していて痛快

    オープンイノベーションは個人的にお遊びだと思っていましたけど、やはりそうなのですね

    データ、ロジックで完膚なきまでに通説をひっくり返すロジックに舌を巻きます

    ただし、じゃあどうすれば?
    という提言がないのが残念なところ
    言いたいことはわかるけどもう昔には戻...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月18日

    ★7つくらいつけたいくらいに面白かった!
    現在のオープンイノベーションが短期的な成果を上げるのには効果的でも長期的にはイノベーションを失っていくこと、アメリカのハイテクベンチャーは国家が育てたこと等、新しい学びが多い。
    また文中に参考文献も多く紹介されるため、次の学びもしやすくなっている。
    オープン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月27日

    経営に関する本で久しぶりに良い!と思った本

    通説に対する事実からの示唆、イノベーションの本質、組織論な視点等々

    目から鱗(自分がコレって本当?って目で物事を見られていない証左汗)でした

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月07日

    早速、内容ですが
    第1章 日本でベンチャー企業を増やすには
     あるコンサルタントの提言
     アメリカの国家戦略?
     自分の頭で考える
     ①ベンチャー企業を増やしたいのか、イノベーションを
      促進したいのか
     ②なぜ、シリコンバレーだけなのか
     ③なぜ、外国人の企業を優遇するのか
     ④なぜ、「英語実践...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月22日

    漠然と「なんで世の中こんな状況になってしまったんだろう?」と疑問に思っていたことが、クリアになった気がする。

    ①なぜイノベーションが起こらなくなったのか?
    ②なぜ短期で成長し続けることが求められるようになったのか?
    ③なぜM&Aが盛んに行われるのか?
    ④なぜシリコンバレーだけ最先端を行く企...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月08日

    シリコンバレーは軍事政策の産物、米国のベンチャーキャピタルは金融業、オープンイノベーションは短期利益の追求など日本で蔓延する米国礼賛を否定しドナルド・ドーアが絶賛した日本的経営の復活を啓蒙する書。米国は四半期資本主義だと糾弾し、それに追従する日本政府の経済政策である構造改革こそが現在の低迷を招いてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月30日

    組織学会主流派の考えに基づいて、著者独特の論理展開で、一見、一般的と思える主張に批判を試みる刺激的な良書。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月14日

    「真説・企業論」中野剛志


    1980年代以降の米国はベンチャー開業率が下がり続け、2009年以降では1997年の半分しかない。

    アメリカの若者が起業する比率は下がり続け、2013年には1989年の三分の一に。

    2015年の「Top100グローバルイノベーター」は日本企業は世界最多の40社。2年...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています