私たちはどうかしている(15) 電子限定特典カラーイラスト付き
  • 最新刊

私たちはどうかしている(15) 電子限定特典カラーイラスト付き

作者名 :
通常価格 506円 (460円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

正真正銘クライマックス!!

女将の過去を聞いた七桜と椿は、事件の真相を探るために母の手紙を検め、山奥にひっそりと住んでいた多喜川の父・秀幸と会うことに。死んだと思っていた秀幸の口から語られる母の秘密に驚愕する二人。真犯人はまさか…!? 一方、何かを察知した女将は栞が持っている「あるもの」を手に入れて七桜のもとへ向かう。七桜のことを想い続ける多喜川もまた光月庵を訪ねて……!! 

本編(あとがき含む)200超の大増ページ!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
BE・LOVE
電子版発売日
2021年05月13日
紙の本の発売
2021年05月
サイズ(目安)
83MB
  • ドラマ化

    「私たちはどうかしている」

    2020年8月12日~ 日本テレビ系
    出演:浜辺美波、横浜流星、高杉真宙

新刊オート購入

書店員のおすすめ

今までにないサスペンス混じりの設定が面白い女性マンガです。
和菓子職人の主人公・七桜は、幼少期に暮らしていた老舗の和菓子屋「光月庵」にて、母親が殺人事件の犯人として捕まり帰らぬ人となったトラウマに苦しんでいます。
事件の真相もわからぬまま大きな心の傷を負いつつも、それでも大好きな和菓子を作ることに情熱を注いでいたところ、母親を犯人だと名指しし自分の人生を狂わせた張本人・椿に再会。
七桜は復讐のために、突然提案された結婚にも応じて椿と一緒に生活を始めます。

復讐を固く心に誓いつつも、徐々に椿に惹かれていく七桜。
椿も椿で七桜を不審に思いつつ、内に抱える秘密と悩みに苦しむ自分を支えてくれる彼女を愛するように…
復讐・疑心暗鬼・欲望・愛情が入り混じる複雑な心理戦に、ページをめくる手が止まりません!
困難を乗り越えるたびにお互いが惹かれあってその気持ちが深まっていくところに毎回キュンとします。

私たちはどうかしている(15) 電子限定特典カラーイラスト付き のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    そうゆうことだったのか…

    進撃のおしり 2021年05月13日

    最終的にどうやって回収するのか気になっていたんですが、もう見事な回収でした!すごい!ドラマ化する前から昼ドラでドラマ化してほしい、と言い続けていたんですが、やっぱりもう一度今度は夜じゃなく昼ドラでドラマ化してほしいです。笑
    次巻が最終巻なのかな?報われなかったひとたちもいるけど、ハッピーエンドにな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ドキドキ!

    ypisces 2021年05月13日

    あの時の事件の真相がわかると思ってドキドキしながら読み進めました。ちょっと予想と違う展開になっていてすごく面白かったです。物語の一人ひとりの気持ちが丁寧に描いてあってうまいなーと思います。和菓子が大好きなので、毎巻、季節のお菓子の絵がすごく楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ドラマもよかったけど!

    sacchy 2021年05月13日

    登場人物たちが、それぞれに闇を抱えていて、
    とても複雑なミステリーになっています。
    まさかあの人があんなところに!
    という、今回は驚きの展開もあり、
    布石が回収されていくのが
    辛くも悲しくもあり、秀作です!!
    そんな中、ラストの展開は
    次巻への期待が膨らみます!!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    重くて重くてやっと読んだ作品

    抹茶 2021年06月01日

    内容が重くて買ったけどなかなか読めなかった作品。苦笑
    やっと読みました。
    涙、涙。
    やっとやっと、七桜と椿に明るい光がさして、多喜川さんもまえにすすめる。
    最後の最後で光が見えました。
    次で最終巻かな…
    幸せな1冊になることを切に願っています(笑)

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    いよいよ……

    らら 2021年05月18日

    最終巻が近くなってきたのかな…?楽しみなようなまだ来てほしくないような…でも早く幸せに過ごす二人が見たいです(;_;)

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    2021年05月16日

    やっと真相にせまるクライマックス!と思ってハラハラ見ました。
    ラブサスペンスだと思って見ていたのに、家族についても触れていて深い内容になったのがまた良いなぁとしみじみしました。
    次回の展開も楽しみにしています!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    スッキリしました!

    花太郎 2021年05月16日

    やっと事件の真相がわかり、スッキリしました。
    まさにクライマックスですね。いよいよ最終巻か?と思いましたが、もう少し続きがあるようです。
    椿が幸せになりそうで良かった。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    S 2021年05月16日

    最終回?と思ってしまうくらいの盛り上がりでした。ずっと犯人が分かりませんでしたが、やっと犯人も分かってすっきりしました。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    私たちはどうかしている

    ひまわり 2021年05月13日

    とにかく待ちに待っていたので読めて嬉しい、幸せです。
    ようやく素直になつて幸せの予感
    とにかくハッピーエンドをただただ祈ります。
    皆が幸せになるといいな。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    数々のミスリードの末

    おじーちゃん 2021年05月14日

    椿の父を殺害した真犯人がついに暴かれた!? 本当に「まさか・・・」の人物だった。
    死んだと思っていた多喜川の父(秀幸)が生きていたのにも驚いた。
    しかも七桜の母を知っていたなんて。
    椿の母(女将・今日子)が、本当に邪悪で、嫌悪感しかない。
    謝っても許されない事をした人だと思う。
    過去の事件...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

私たちはどうかしている のシリーズ作品 1~15巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~15件目 / 15件
  • 私たちはどうかしている(1)
    七桜は幼いころ、母が住み込みで働いていた老舗和菓子屋・光月庵で椿と出会う。しかしある事件が起き、殺人の容疑をかけられた七桜の母は逮捕され、七桜も追い出されてしまう。15年がたち、失意の七桜の前に現れた椿。二人は和菓子の腕を競って対決することに。七桜の人生を狂わせた椿。その憎い椿は、あろうことか七桜に自分との結婚を持ちかける。七桜をかつて幼なじみとだは気づいていない椿。思いもよらない言葉に七桜は!?
  • 私たちはどうかしている(2)
    七桜(なお)を15年まえの幼なじみだと知らずに結婚を申し込んだ椿。殺人罪の濡れ衣を着せられた母の真実を探りたい一心の七桜はそれを受け、光月庵に住み始める。しだいに明らかになる確執と大旦那の恨み。リベンジに動き出す七桜だが、椿が言い出した提案に息を呑む。憎しみと同時に湧き上がる熱い思い。七桜は彼を拒絶できない――!?
  • 私たちはどうかしている(3)
    光月庵に住み始めた七桜(なお)は、とあることから大旦那の逆鱗に触れる。椿は七桜と部屋をともにすると宣言。肌を重ねた二人だが、椿の口から出た「さくらが目の前に現れたら消えてもらう」という言葉に凍りつく。憎しみに囚われている椿の本当の心はどこに!? "七桜の母"を名乗る人物も現れて混乱する七桜を、椿はある部屋に閉じ込めてしまう!!
  • 私たちはどうかしている(4)
    一夜をともにし、距離が縮まったかに見えた七桜と椿だが、七桜の素性をつかんだ女将は監視の目をゆるめない。何者かに狙われた七桜をかばいケガをした椿は、大事な茶会を前に七桜に自分の思いを告白する。大旦那との確執を払拭するために、茶会をなんとしても成功させたい椿の壮絶な過去を知った七桜の心にも嵐が吹き荒れて!?
  • 私たちはどうかしている(5) 【電子版特典かきおろしマンガ付き】
    自分の正体を知られずに光月庵の椿と結婚した七桜は、母の死の真相を探るために従業員の城島に誘われ、かつて自分と母が住んでいた部屋を訪れる。しかし、女将と裏で手を結んでいる城島は七桜に近づいて痛めつけようとしていた。自分と同じような境遇の城島に自然と親近感を抱き、親身になっていく七桜。一方、城島の恐るべき過去を知った椿は、城島の企みを止めようするが!?
  • 私たちはどうかしている(6)
    身体の変化に戸惑う七桜だが、そのことを吹っ切ろうとますますわらび餅作り専念していく。七桜がなにかを隠していると気づく椿だが、そこには触れず思いやりを見せる。距離が縮まる二人。一方、城島も自分のしていることに疑問を抱きはじめ揺れる。七夕のデパート催事当日までにわらび餅は完成するのか!? そして、これ以上椿に嘘がつけないと思った七桜はようやく決心する。過去と現在の真実が明らかになる衝撃巻!!
  • 私たちはどうかしている(7)
    素性を隠して椿と結婚した七桜は、幾多の困難を乗り越え椿との絆を深めていく。妊娠を告げ二人の愛に懸けようとするが、そんな矢先15年まえに死んだ椿の父・光月庵の旦那様は亡くなった最愛の母と恋仲で、しかも自分の実の父であることを知る。次々と明らかになっていく過去の真実。ショックを受け思い詰めた七桜は、光月庵から姿を消そうと決意。そんな七桜の前に椿の元婚約者・栞が現れ……波乱を含んだ第1部クライマックス!
  • 私たちはどうかしている(8) 【電子限定描きおろし漫画つき】
    新章開幕。光月庵の火事から10ヵ月。意識不明の重体だった椿もようやく回復。行方がわからない七桜を探し回るが、一向に見つからず焦燥感だけが増してゆく。そんな椿のもとに足繁く通ってくる長谷屋の栞は、ある決意を胸に秘めていた。一方、傷が癒えた七桜もまた多喜川の力を借りて立ち上がる。背負わされた重い運命は、愛と復讐の歯車を思わぬ方向へと導く!!
  • 私たちはどうかしている(9)
    月日が経ち、光月庵に復讐を誓う七桜は、多喜川の力を借りて金沢に「花がすみ」をオープンさせた。光月庵を葬るため和菓子の選定会に勝負をかける七桜。一方、七桜への思いをようやくふっきった椿も再起。選定会会場でふたたび出会った二人に緊張が走る。しかし、椿の身体には異変が……。亡き母への気持ちと椿への偽らざる気持ち。二つの相反する感情が七桜を、そして椿を翻弄する!
  • 私たちはどうかしている(10) 【電子版特典かきおろしマンガ付き】
    目に不調を抱えながら復活した椿。そして光月庵に復讐を誓い「花がすみ」をオープンさせた七桜はライバル同士となった。だが共同で観光地の和菓子を作ることになり温泉宿へ赴くことに。金沢を離れ、熱い思いがよみがえる二人。一方、追いつめられた栞は椿の子を妊娠していると女将に告げ、長谷屋と光月庵は喜びに沸く。戸惑う椿になおも栞は情熱をぶつけるのだが、光月庵から椿を解放してあげたい七桜も多喜川と動き出し!?
  • 私たちはどうかしている(11)
    共同作業でふたたび熱く燃え上がるかに思えた椿と七桜だが、金沢に戻った二人はそれぞれの宿命を受け入れ、別々の道を歩む。光月庵への反撃を開始する七桜は、意識が戻りつつある大旦那に自分こそが光月庵の正統な後継者だと宣戦布告。18年前、七桜の母に樹をとられた女将は激怒するが、大旦那は先祖の言いつけを破り、椿と七桜に御菓子勝負をさせることに。勝つのは一人。運命の逆転はすぐそこに!?
  • 私たちはどうかしている(12)
    除夜際での七桜と椿の勝負に決着がつき、ついに光月庵の後継者が決まった。だがその直後、大旦那は倒れて病院に運ばれてしまう。新旧の交代が行われ不安に感じる従業員ら。さらに新当主は金沢の文化をけん引する武六会にその実力を試されることになる。そんな中、一層強く七桜に惹かれる多喜川は徐々に自分の気持ちを抑えられなくなるが、かつての恋人・由香莉が現れて不穏なムードに。ある重大な真実を知った椿も動き出し事態は急変!?
  • 私たちはどうかしている(13)
    新当主となり不安を抱える七桜の光月庵に椿が戻ってきた。プライドを捨て職人として光月庵で働きたいと言う椿に誰もが驚き訝しむなか、七桜自身も椿の魂胆がわからず混乱する。だが手を負傷している七桜は店のために椿を雇うことを決意。一方、椿が自分の異母兄弟だと知らされて胸の内に憎しみの芽が生まれた多喜川は、ライバル心から七桜との結婚を押し進めようと急ぐ。光月庵に乗り込んだ椿は、自らの記憶をたどり18年前の真犯人を突き止めるために動き出すが!? 番外編「城島の決意」を特別収録!
  • 私たちはどうかしている(14)
    テレビドラマで大人気の原作『私たちはどうかしている』14巻! 光月庵に戻ってきた椿の手を借りて、武六会の奉納菓子作りに専念する七桜だったが、多喜川の七桜への気持ちが本物だと知り頭に血が上った由香莉に、階段から突き落とされてしまう。もっとも信頼していた多喜川の裏切りに呆然する七桜。多喜川は18年前のことを語り出すが……! 安藤先生突撃! ドラマ撮影現場レポ漫画「キャスト編」収録
  • 私たちはどうかしている(15) 電子限定特典カラーイラスト付き
    正真正銘クライマックス!! 女将の過去を聞いた七桜と椿は、事件の真相を探るために母の手紙を検め、山奥にひっそりと住んでいた多喜川の父・秀幸と会うことに。死んだと思っていた秀幸の口から語られる母の秘密に驚愕する二人。真犯人はまさか…!? 一方、何かを察知した女将は栞が持っている「あるもの」を手に入れて七桜のもとへ向かう。七桜のことを想い続ける多喜川もまた光月庵を訪ねて……!!  本編(あとがき含む)200超の大増ページ!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています