私たちはどうかしている(11)
  • 最新刊

私たちはどうかしている(11)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 484円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

共同作業でふたたび熱く燃え上がるかに思えた椿と七桜だが、金沢に戻った二人はそれぞれの宿命を受け入れ、別々の道を歩む。光月庵への反撃を開始する七桜は、意識が戻りつつある大旦那に自分こそが光月庵の正統な後継者だと宣戦布告。18年前、七桜の母に樹をとられた女将は激怒するが、大旦那は先祖の言いつけを破り、椿と七桜に御菓子勝負をさせることに。勝つのは一人。運命の逆転はすぐそこに!?

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
BE・LOVE
電子版発売日
2019年12月13日
紙の本の発売
2019年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
69MB

関連タグ:

新刊オート購入

書店員のおすすめ

今までにないサスペンス混じりの設定が面白い女性マンガです。
和菓子職人の主人公・七桜は、幼少期に暮らしていた老舗の和菓子屋「光月庵」にて、母親が殺人事件の犯人として捕まり帰らぬ人となったトラウマに苦しんでいます。
事件の真相もわからぬまま大きな心の傷を負いつつも、それでも大好きな和菓子を作ることに情熱を注いでいたところ、母親を犯人だと名指しし自分の人生を狂わせた張本人・椿に再会。
七桜は復讐のために、突然提案された結婚にも応じて椿と一緒に生活を始めます。

復讐を固く心に誓いつつも、徐々に椿に惹かれていく七桜。
椿も椿で七桜を不審に思いつつ、内に抱える秘密と悩みに苦しむ自分を支えてくれる彼女を愛するように…
復讐・疑心暗鬼・欲望・愛情が入り混じる複雑な心理戦に、ページをめくる手が止まりません!
困難を乗り越えるたびにお互いが惹かれあってその気持ちが深まっていくところに毎回キュンとします。

    購入済み

    ドキドキ

    ちぇいこ 2019年12月16日

    毎回ハラハラして読んでいます。お互いを思う気持ちは強いのに、どうしても結ばれない2人を思うと悲しくなります。スピード感のある展開で全く飽きない!まるでドラマを見てるようなこの作品、大好きです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    良いところで!

    miyun 2019年12月20日

    最新巻の11巻を読みました!
    あー、良いところで終わったぁ〜
    続きが気になる!
    このマンガは、なかなか読み応えがありますね。
    いつも色々と推理しながら読んで楽しんでます。
    そして、いつも次が早く出ないかと、読み終える度に思う作品。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    展開が早いけど

    わらびもちがすき 2019年12月13日

    すごくいいところで終わっているので、すごく続きが気になります。
    こういう漫画を読めるので日本に生まれて良かったです!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    大人の恋愛

    ちろ 2019年12月16日

    愛しているけど憎んでもいる複雑な感情。
    好きだけではどうしようもない状況。
    仕事にかける想い。
    二人の関係がいよいよ…というところで次巻へ~
    あー待ち遠しい!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    椿すき

    イッチさん 2019年12月14日

    早くドラマにならないかなぁ

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    ナカヌケオバケ 2019年12月15日

    つばきとなおの恋は、光月庵の後継者選びでより一層激しく燃え上がりました。
    どちらが選ばれても明るい未来はなさそうだけど、どうなるのか気になって仕方ない!

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

11~11件目 / 11件
  • 私たちはどうかしている(11)
    共同作業でふたたび熱く燃え上がるかに思えた椿と七桜だが、金沢に戻った二人はそれぞれの宿命を受け入れ、別々の道を歩む。光月庵への反撃を開始する七桜は、意識が戻りつつある大旦那に自分こそが光月庵の正統な後継者だと宣戦布告。18年前、七桜の母に樹をとられた女将は激怒するが、大旦那は先祖の言いつけを破り、椿と七桜に御菓子勝負をさせることに。勝つのは一人。運命の逆転はすぐそこに!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています