日本の武器で滅びる中華人民共和国

日本の武器で滅びる中華人民共和国

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 924円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ベストセラー『こんなに弱い中国人民解放軍』に続く、待望の最新作!! 中国の核ミサイルは、自衛隊のミサイル防衛システムでは打ち落とせない。加えて、ニクソンと毛沢東の密約の結果、日本には米軍の「核の傘」も存在しない……ところが、日本のローテク武器だけで中国を崩壊させるのは簡単なのだ! 中国という国家と人民解放軍の脆弱性を暴く第2弾!!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社+α新書
電子版発売日
2017年02月24日
紙の本の発売
2017年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

日本の武器で滅びる中華人民共和国 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年01月21日

    なんか、昔流行った仮想戦記読んでるみたいなファンタジー感。
    とってもトンデモ臭を感じる。
    台湾が親日でないのは同意するけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月23日

    トリップワイヤ
     引っ掛けると正当な自衛戦争になる安価な警告装置。
     例:中国漁船。

    儒教国
     下位者は上位者に絶対服従。対等ではない。
     個人の自由は無い。
     似たものに嫉妬する。

    中国の弱点
     遠浅の海
      安価な沈底式機雷で資源の輸入を止める。
     潜水艦探知技術に劣る。
     高性能機雷技術が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています