ハチ公物語 -待ちつづけた犬-

ハチ公物語 -待ちつづけた犬-

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「ハチはいま、大好きだった上野先生に、会いたくて会いたくて、しかたなかった上野先生に、やっとやっと、会えたんだよね――。」雨の日も雪の日も、主人の帰りを駅で待つ。日本一有名な犬ハチと、飼い主のあたたかい心の交流を描いたノンフィクション。愛する者と暮らすことのすばらしさ、別れのせつなさに胸をうたれます。あなたを待つ人はだれですか。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / よみもの
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社青い鳥文庫
電子版発売日
2016年08月05日
紙の本の発売
2009年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
23MB

ハチ公物語 -待ちつづけた犬- のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月02日

    小学校の時に図書室で見つけて読んだら学校だったのに涙が止まりませんでした。
    最初の方は当時の私には難しかったのですが、最後まで読むと本当にいい話だと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月21日

    ・ハチという犬が、かいぬしが大好きで、そのかいぬしがとつぜん亡くなって、それを知らないハチは、ずっと待ちつづけたというお話です。
    ・ハチが大好きだった上野先生を待ち続けるというところが泣けるし、おすすめです。最後には、ハチと上野先生が…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月25日

    この本は本当1番好きな物語です。自分(ハチ)をかわいがってくれてるご主人が仕事から帰ってくるのを毎日、駅で帰りを待つ。そんなある日、ご主人が倒れて亡くなった。亡くなってからも駅」でハチはご主人の帰りを待ちます。本当に泣ける本でした。犬と人は言葉が通じないけどその分、通じあっているものがあるなと再確認...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月06日

    上野教授宅出入りの植木職人、菊さん(教授亡き後のハチの飼い主)の子供の視点で語られた新しいハチ公物語でした。詳細な資料に基づいたお話なので映画的な脚色もなく、読みやすい。長らく病気療養中につき休筆されている真斗さん描き下しの挿絵も大変うれしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月26日

    映画よりもよかった。犬の気持ちは人間の感情だけでは判断することはできないが、という内容があとがきに書かれているのもよかった。表紙の子犬かわいい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月17日

    少し前に読み終わりました。

     ハチ公の話を読むのはこれが初めてなので、他の本との比較は出来ませんが、児童文学らしく読み易い作品だったと思います。
    ただ違和感はありまして、それはその場にいないキャラクターの一人称視点で物語が進んでいく、という点です。
    これは単純に、そういう作品に触れる機会が無かった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月23日

    ご主人が亡くなってからのハチの姿がとても詳しく書かれている。ハチの犬生はとても幸せだったと感じる事ができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月10日

    良い。
    子供向けなせいか、感動も直球。

    真斗さんの挿絵という理由だけで購入(笑)
    とはいえ、なかなか良い本でした。第三者の語りで話は進みます。子供向けながら骨子はしっかりとしていて、美化・誇張されやすいハチ公物語の類においては、淡々と綴られている部類に入るでしょう。

    上野教授が眠る青山墓地。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています