アルキメデスの大戦(5)

アルキメデスの大戦(5)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 693円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

堀越二郎氏に対抗する戦闘機を航空廠で製作するため、10日以内に中島飛行機製の発動機の提供許諾を得たい櫂だが、中島にはあっさりと断られてしまう。そこで櫂は、中島と懇意にしている陸軍の力を借りることにし、旧知であった外務省の丹原を介して、東條英機や永田鉄山らに謁見する。そこには陸軍のキレ者達との心理戦が待ち構えていた!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ヤングマガジン
シリーズ
アルキメデスの大戦シリーズ
電子版発売日
2017年02月06日
紙の本の発売
2017年02月
サイズ(目安)
99MB
  • 映画化

    「アルキメデスの大戦」

    2019年7月26日公開
    出演:菅田将暉、浜辺美波、柄本佑

新刊オート購入

書店員のおすすめ

1933年の日本海軍を舞台にしているのに、主人公のファーストミッションは「超巨大戦艦建造費用の見積もりの調査」というもの。読み始めたときは正直、「え、地味すぎないか?」と思いました。建造費用がどうこうって裏方のさらに裏方の話じゃないですか、と。

しかし、読み進めていくと、自分の浅はかさを思い知らされます。まず、主人公・櫂直がかっこよすぎる。東京帝大中退の数学の天才で、英語・仏語・独語もペラペラ、しかもイケメンで女性にもモテるんです。
戦艦に関する知識はゼロという状態で、海軍省経理局という超絶アウェイにいきなり放り込まれて、数学の才能一本で真実を解き明かしていく――そんな下剋上ファンタジスタぶりを見せつけられるだけでも痛快で面白いのに、国防や戦争が抱える矛盾、上層部の軍人たちの曲者ぶりなど、読者を唸らせる要素がたっぷり盛り込まれています。
さすが、庵野秀明氏、かわぐちかいじ氏、秋本治氏が帯に推薦コメントを書いているだけあります……! このお三方の並び、信頼感しかないですよね。

正義感が強く平和を愛する櫂が、新型戦闘機を開発するなど、図らずも戦争の要となる技術戦略畑に深く関わるようになっていく様が、物語の面白さであると同時に、戦争に向けて動き始めた世界からは誰も逃れられない……という恐ろしさを物語っているようでもあります。『ドラゴン桜』(講談社)や『インベスターZ』(コルク)を世に送り出した三田紀房先生ならではの、“面白くて考えさせられる”作品です!

アルキメデスの大戦(5) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年01月07日

    「風立ちぬ」は5巻も続く。
    三菱製の胴体に、中島製の発動機をのせる。当時の国内最新技術の合体で、新型戦闘機開発の権利をもぎ取ろうとする櫂の計画。とはいえ、競合相手に技術供与を行ってくれるはずはないので、あの手この手で交渉します。
    その過程で出会った東条英機。
    現在、閑職にいる彼ですが、今回「貸し」を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年11月20日

    漫画向きな話じゃないような……
    #43 軍務局長は実質的にかなりなポスト。党でいうと、幹事長みたいな感じ?
    #47 櫂が永田を説得する材料が弱いと思っていたら、空軍創設案。ゲッペルス?あなた(永田)がトップへくらいは、櫂が言うかと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

アルキメデスの大戦 のシリーズ作品 1~24巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~24件目 / 24件
  • アルキメデスの大戦(1)
    戦艦「大和」を阻止せよ!!! 日本の未来を1人の数学の天才が変える!? 時は1933年。日本海軍の中枢・海軍省の会議室で、次世代の旗艦を決める新型戦艦建造計画会議が開かれ、2つの陣営が設計採用を争う事に。これからの海戦を見据え、高速の小型戦艦を打ち出す"航空主兵主義"派に対し、海軍内で権力を握る"大艦巨砲主義"派の計画は、世界でも類を見ない超巨大戦艦の建造だった――!!
  • アルキメデスの大戦(2)
    戦艦「大和」は無駄か!!? 超巨大戦艦建造計画VS.数学の天才!! 山本五十六ら"航空主兵主義"派は、対立陣営が計画する戦艦「大和」の異常に安い建造費の謎を解き明かすべく、帝大きっての数学の天才・櫂直を海軍に主計少佐として引き入れる。味方も資料も情報も不足する状況の中、櫂は誰も思いもつかないような解法で真実に迫っていく。日本海軍の未来が決まる第2回会議まであと僅か――!!
  • アルキメデスの大戦(3)
    海軍省の会議室で始まった新型戦艦計画決定会議。戦艦「大和」の真の建造費を導き出した櫂直(かい・ただし)は、対立陣営である大艦巨砲主義派の不正を糾弾。それを皮切りに両陣営はヒートアップ、罵詈雑言が飛び交う事態に。さらに櫂の主張に平山(ひらやま)造船中将が徹底抗戦!! 戦艦「大和」採用か否か。二人の一騎打ちの末に待つ結末は――!?
  • アルキメデスの大戦(4)
    水雷艇転覆事件に端を発する海軍全艦艇の改修事業。その総指揮を執る事で海軍内での発言力を増した平山造船中将は、櫂に白紙に追い込まれた戦艦「大和」計画の復活を目論む。それを危惧した櫂直は、海軍内で蔓延る大艦巨砲主義そのものを無くすべく、高性能な新型戦闘機の開発に参画する。そして山本五十六仲介のもと、三菱の設計士・堀越二郎氏と出会うが……。
  • アルキメデスの大戦(5)
    堀越二郎氏に対抗する戦闘機を航空廠で製作するため、10日以内に中島飛行機製の発動機の提供許諾を得たい櫂だが、中島にはあっさりと断られてしまう。そこで櫂は、中島と懇意にしている陸軍の力を借りることにし、旧知であった外務省の丹原を介して、東條英機や永田鉄山らに謁見する。そこには陸軍のキレ者達との心理戦が待ち構えていた!!
  • アルキメデスの大戦(6)
    いよいよ本格的に始まった航空廠での戦闘機製作。櫂は中島の設計主務・小山悌氏の設計理念に刺激され、搭乗員の安全を重視した設計への変更を決意する。しかし、そこには時間や人員の不足、技術的な課題など数々の難問が山積みであった。理想と現実の間で葛藤する櫂は、果たして最良の戦闘機を完成させることが出来るのか――!?
  • アルキメデスの大戦(7)
    性能試験と模擬空戦の二日間で採用機を決めるという山本五十六の号令に、現場は大混乱。調整が不十分な櫂たち航空廠チームは、二日目の模擬空戦に全てを賭ける事に。しかし、最大のライバル・三菱の搭乗員は、八神が一度も勝てなかったかつての鬼教官だった!! 海軍の未来をも左右する九試単座戦闘機を決める戦いの行方は如何に――!?
  • アルキメデスの大戦(8)
    一度は三菱機に決まりかけた九試単座戦闘機の制式採用だが、櫂の機転で空母「赤城」への着艦試験が追加され、決定は持ち越しに。櫂たちはそこに逆転採用への望みを託す。迎えた試験前日、櫂は前乗りした「赤城」でドイツ人数学者シュバルツと出会い、彼から知り得たドイツの情報と技術に衝撃を受ける事に‥‥。櫂の中に新たな考えが生まれ始める中、衆人環視のもと、最後の試験が始まる!!
  • アルキメデスの大戦(9)
    櫂はマル3計画には不必要な船渠の拡張工事が行われていると聞き、それを確かめるべく呉へと向かう。そこで見たものは「大和」建造のためとしか考えられないほど大規模な工事だった。不正の追及をするために、櫂は平山に直接対決を申し込む!!
  • アルキメデスの大戦(10)
    平山の「大和」を止めた櫂は、海軍省を辞める決意をする!?しかし、それを時代が許さなかったーー!!陸軍省への突然の討ち入り事件をきっかけにして、日本は戦争へと傾倒してゆく。その時、櫂はとある決断をするのだったーー。
  • アルキメデスの大戦(11)
    戦争を阻止する目的で「大和」を造ることに決めた櫂。自らが設計した新「大和」の建造計画を進めるべく海軍の承認会議に臨む。櫂はそこで新「大和」の必要性を説くために、画期的なハワイ攻撃作戦を提唱する。しかし、その作戦は上層部の戦意を高揚させ過ぎる結果に‥‥? 新たな仲間も加わり、物語は新展開へ動き出す!
  • アルキメデスの大戦(12)
    戦艦「大和」を建造するための工作機械や、最新技術買い付けに櫂がドイツへ出張する!しかし、最新技術を買い付ける金塊が足りず、困った櫂の選択は・・金塊を増やすこと!?そこに待ち構える、命の危機や、無茶な要求!!果たして買い付け成功なるか!?あの男も登場し、ドイツ金塊篇は大荒れ!!
  • アルキメデスの大戦(13)
    ドイツから帰還した櫂はついに戦艦「大和」建造を本格的に開始する!!そこに搭載されたのは前代未聞の最新兵器!?そして、来る昭和11年2月26日。櫂は大蔵大臣・高橋是清のもとにいた・・・・。三田紀房が描く激動の日本海軍エンターテインメント第13巻!!
  • アルキメデスの大戦(14)
    二・二六事件に巻き込まれ、生死の境を彷徨った櫂は日本に漂う開戦の気配を感じていた。山本五十六からも戦艦「大和」の工期短縮を命じられ、危機感はさらに募る。その時、櫂は戦争回避のため、銃殺覚悟の一手を放つ!!三田紀房が描く激動の日本海軍エンターテインメント第14巻!!
  • アルキメデスの大戦(15)
    最新の技術力を米国に見せつけることで戦争の回避を狙う櫂は、米国のスパイと思われる綾部マキコに接近する。その目的は彼女を二重スパイとして、日本に有利な情報を流させること。日本人ながらも敵国に協力する彼女を櫂は寝返らせることができるのか!?究極の心理戦が始まるーー!!三田紀房が描く激動の日本海軍エンターテインメント第15巻!!
  • アルキメデスの大戦(16)
    日本側へ寝返らせた米国のスパイである綾部マキコを通じて、櫂は戦艦「大和」の情報を流す。その情報は米国大統領・ルーズベルトの元まで伝わっていた!櫂の暗躍で戦争は止まるのか!?そして、中国の盧溝橋付近では日本陸軍と中国軍の軍事衝突が発生する・・・・。三田紀房が描く激動の日本海軍エンターテインメント第16巻!!
  • アルキメデスの大戦(17)
    櫂が立案、参加した上海への渡洋爆撃は、成功したが中国軍との交戦により坂巻ら7名が戦死する。生還した櫂は、嶋田らに全航空機へ防弾装備を施す機体改修を訴えるが、反感を買い謹慎処分に。そんな櫂のもとを外務省の丹原が訪れ、中国にいる東条英機に会いに行くと話す。戦争拡大を阻止すべく、櫂は正体を隠して丹原と共に中国へ!
  • アルキメデスの大戦(18)
    櫂が上海の物資集積所を爆撃した作戦を応用し、ドイツが周辺国を相次いで爆撃。そしてポーランドに侵攻し、第二次世界大戦の口火が切られる。海軍上層部は関係強化のため日独伊三国同盟の締結を提案するが、櫂はドイツとの接近こそが日米開戦の引き金だとし、反ヒトラーを訴える。さらに櫂は、関係が悪化する米国と和平交渉を実現すべく、ある大胆な作戦を実行する!
  • アルキメデスの大戦(19)
    櫂VSアメリカ。ここで日本の未来が決まる! 運命の「日米和平協議」編!! 席次変更のため一時中断という波乱の幕開けとなった日米和平協議。その後の交渉で、アメリカは一転し強気な姿勢を見せる。その背景には、和平よりも戦争を望むルーズベルト大統領の思惑があった。これに対し、日本側は東條英機の意向を受けた牟田口が暴走。国務長官ハルを激怒させ、交渉打ち切りを宣告されてしまう‥。 クセモノ...
  • アルキメデスの大戦(20)
    日米和平協議も、残すところあと1回。米側の案内でニューヨークを訪れた日本大使一行は、世界一の都市の圧倒的経済力と、ニューヨーク市民の強い反日感情を目の当たりにする。このまま交渉をまとめる「画期的アイデア」を思いつかなければ、開戦は必至。 「大和」は戦争に使われてしまう。櫂は自らが生み出した矛盾に苦悩する‥‥。日本一の天才が悩みに悩んで導き出した驚愕の提案に、日米驚愕! 会議激震...
  • アルキメデスの大戦(21)
    日米和平協議、炎上中。戦艦「大和」をアメリカに売却!? 米大統領ルーズベルトも姿を現し、ますます紛糾する日米和平協議。 櫂がキーパーソンだと即座に見抜いたルーズベルトは、別室で櫂と二人きりでの交渉を要求する。 困惑する周囲をよそに櫂はこれを受諾。異例中の異例、大統領と海軍少将の一対一の交渉が始まる。 すると突然、ルーズベルトはポケットから拳銃を取り出し櫂に銃口を向けた――!! 日...
  • アルキメデスの大戦(22)
    日本を動かす重鎮、一挙集結。日米協調か、対決か。近衛文麿別邸にて、超極秘会議が始まる! 近衛文麿の別邸「荻外荘」に日本を動かす重鎮たちが集まり、日米和平協議の報告会議が始まった。情報漏洩防止のため、合意内容は文書ではなく口頭で伝えられる。まずは牟田口が合意内容の第一項目「日本軍の中国からの撤退」を報告すると、東條英機が激昂。牟田口と櫂に、合意を取り下げるよう迫る。 日米合意...
  • アルキメデスの大戦(23)
    櫂、逮捕!? 特高警察・藪本の暴走で、命の危機‥!! 大詰めを迎えた日米和平協議の報告会議。「大和」売却に猛反発する山本五十六に対し、櫂は売却益30億ドルを使い、インフラ整備を中心に豊かな社会の実現を目指す「日本改造計画」を披露。政治家たちの心をつかむが、それでも山本と東條英機は反発の姿勢を崩さない。すると突然、意外な男が口を開き、櫂に助け船を出した――。 「アルキメデス」史上...
  • アルキメデスの大戦(24)
    続巻入荷
    櫂、まさかの艦隊勤務!  新天地は連合艦隊旗艦「長門」。 帝大同期の旧友・前田によって藪本の拷問から救出された櫂は、病院に搬送され入院することに。その後、海軍上層部では、櫂の処分を決める話し合いが行われる。吉田と嶋田は退院後数週間の謹慎処分を妥当とするが、「大和」売却を阻止すべく、櫂を日米和平協定締結の実務作業から遠ざけたい山本がこれに反対。より厳しい処分である艦隊勤務を要求...

アルキメデスの大戦 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

アルキメデスの大戦 に関連する特集・キャンペーン