おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー

作者名 :
通常価格 1,242円 (税込)
紙の本 [参考] 1,512円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

舞台は平安京――羅城門へ向かう牛車の前を歩くのは、まだ子どもの陰陽師・安倍晴明。そこへなにやらあやしい雲が近づいてくる。雲のなかからやってきたのは鬼のむれ、百鬼夜行だった。「ひとは おらぬか おっぺけぽー。いたら くっちゃえ くっぺけぽー」。どうしよう、このままではみんな鬼に食われてしまう。「しっ」。晴明は呪(しゅ)を唱えて結界をはり……。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社の創作絵本
電子版発売日
2016年02月05日
紙の本の発売
2015年04月
コンテンツ形式
EPUB

「おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2015年06月06日

夢枕獏の陰陽師の大ファンであるボクはこの絵本が出てるって聞いた時から探してて探し当てた逸品。特に気になったのは ふんどし した 女の妖怪だな。髭部分も青かったし。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月19日

安倍晴明、若かりしころの物語。
妖怪退治に失敗はしたものの、師匠に「よくやった」とほめられる。
「うれしいけれど、くやしい」と安倍晴明。
そのセリフを読んで、我が9歳息子が「その気持ちわかる」と言った。
彼も、いろいろ経験してるのだなと、しみじみしました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月30日

祇園が面白いですね。
リズムカルに読むといいかも。
陰陽師・阿倍晴明の幼いころの話です。
ただ、漫画を読んだ人には物足りなさを感じるかも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年10月04日

陰陽師
絵本にまでなってしまったのですね
この絵子供には恐ろしくないのでしょうか?
憎めないように描かれていますが
こわいよねえ
リズミカルな言葉につられます
有名な阿部晴明の子供の頃のお話です
≪ もやあわと 百鬼夜行の 牛車前 ≫

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,646

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!