海のトリトン 手塚治虫文庫全集(1)
  • 完結

海のトリトン 手塚治虫文庫全集(1)

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
紙の本 [参考] 1,045円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ある日、和也は岬の下のやしろで赤ん坊を拾った。その子は不思議な成長を遂げ、トリトンと名付けられる。金色のイルカに海の一族・トリトン族の末裔だと聞かされた彼は、やがて巨悪のポセイドン族に立ち向かってゆく……。アニメ化にもなった伝説の海洋ファンタジー! <手塚治虫漫画全集収録巻数>MT189『海のトリトン』1巻収録/MT190『海のトリトン』2巻収録 <初出掲載>『海のトリトン』(原題「青いトリトン」) サンケイ新聞 1969年9月1日~1971年12月31日連載

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
手塚治虫文庫全集
シリーズ
海のトリトンシリーズ
電子版発売日
2015年08月28日
紙の本の発売
2009年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
168MB

海のトリトン 手塚治虫文庫全集(1) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年08月01日

    「トリトンの誕生」

    「和也東京へ行く」

    「丹下全膳」

    「運命の日」

    「金色のイルカ」

    「武骨丸の秘密」

    「ターリン」

    「洋子の家」

    「ドデカポーダ」

    「ピピ子」

    「ヘプタポーダ」

    「ターリンの逆襲」

    「ドリッペ」

    「洋子の病気」

    「変身」

    「三匹の殺し屋」

    「ガノモス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月18日

    サンケイ新聞に毎日連載されていたため、1ページごとにオチがあるという忙しい話の展開(笑)。新聞連載という性格上、大人にも子どもにも楽しめるように構成された良質のストーリーは絶品です。僕は子どものころ、ピピ子の可愛さやセクシーさにかなり虜になりました(笑)。ヘプタポーダ、ターリン、ドリッペといったどこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月30日

    これも、テレビ版しか見たこと無かったと思います。

    割と、基本的な設定は、ふまえながらも、しかし、ストーリー自体は、テレビ版は、富野監督暴走状態でした。
    むかしは、その富野監督暴走も好きだったのですが、大人になってから考えてよく見てみるに、もしかすると、こっちのマンが版の方が、ストーリーとしてはおも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

海のトリトン 手塚治虫文庫全集 のシリーズ作品 全2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 海のトリトン 手塚治虫文庫全集(1)
    完結
    ある日、和也は岬の下のやしろで赤ん坊を拾った。その子は不思議な成長を遂げ、トリトンと名付けられる。金色のイルカに海の一族・トリトン族の末裔だと聞かされた彼は、やがて巨悪のポセイドン族に立ち向かってゆく……。アニメ化にもなった伝説の海洋ファンタジー! <手塚治虫漫画全集収録巻数>MT189『海のトリトン』1巻収録/MT190『海のトリトン』2巻収録 <初出掲載>『海のトリトン』(原題「青いトリトン」) ...
  • 海のトリトン 手塚治虫文庫全集(2)
    完結
    ポセイドン族に滅ぼされたトリトン族の真実を知ったトリトンは、長い間育ててもらった母親と離れて、海で生きることを決意した。そして地球のすべてを我がものにしようと企む大王・ポセイドンを倒すため、海底要塞にしのびこむ。 <手塚治虫漫画全集収録巻数>MT191『海のトリトン』3巻収録/MT192『海のトリトン』4巻収録 <初出掲載>『海のトリトン』(原題「青いトリトン」) サンケイ新聞 1969年9月1日~1971年1...

海のトリトン 手塚治虫文庫全集 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています