会津戦争全史

会津戦争全史

作者名 :
通常価格 1,595円 (1,450円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本を割った大戦争、なぜ虐殺で終わったか? 会津戦争は「新政府軍と旧幕府軍の戦い」ではない。非寛容の精神で残虐行為に走る薩長軍に対して、奥羽越列藩同盟は新生国家のグランドデザインを突きつけ、正面から戦闘を挑んだのだ。しかし、戦略なき会津軍は「武士道」のもと非戦闘員をも動員し、悲劇へと突き進む――。幕末の会津藩を追い続けた著者が描く一大戦記。(講談社選書メチエ)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社選書メチエ
電子版発売日
2015年07月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
14MB

会津戦争全史 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年08月22日

    ぼろ負けかと思っていた会津戦争ですが、実は奥羽列藩同盟で名目上は戦える体制になっていたことが意外でした。榎本武揚の軍艦が勝海舟のせいで足止め食って間に合わなかった点、新撰組の土方歳三が足に怪我を追って斎藤一が指揮を取らざるを得なかった点が大きな誤算ポイント。あとは白河の守りに西郷頼母ではなく山川大蔵...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月26日

    日本史近代史ゼミ参考資料。
    普通に読もうと思ってたんだけどね。
    細かいところはあんまり興味湧かなかったです。どこからどう行って~とか。位置がイメージできないから。
    証言とか貴重ですね。逆に興味津津です。
    同じ所にいても全く違う証言が出ることもあるかと思うと、何が正しくて何が正しくないのか知りたくなる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月22日

    組織の硬直化についてのレポートを幕末の会津藩で書いたときの参考文献。

    土方や斉藤、あと山川・佐川あたりがめちゃくちゃよいしょされていてファンは嬉しい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社選書メチエ の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング