タテ社会の力学

タテ社会の力学

作者名 :
通常価格 756円 (税込)
紙の本 [参考] 820円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本では法よりも社会的規制によって人々の行動は律される。『タテ社会の人間関係』で著者が提示した〈タテ社会〉というモデルを動かすメカニズムを、全人格的参加、無差別平等主義、儀礼的序列、とりまきの構造など、興味深い事例で解明、日本社会のネットワークを鮮やかに描き出す。外的変化に柔軟に対応する軟体動物的構造の再認識に国際化の扉は開く。(講談社学術文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社学術文庫
電子版発売日
2015年01月30日
紙の本の発売
2009年07月
コンテンツ形式
EPUB

「タテ社会の力学」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年05月14日

タテ社会の人間関係の姉妹書。前書でカバーしきれなかった論点を補足するための新たな軸の導入とのことだが、小集団の概念にしても甘えの関係にしても、基本は前書で導入された個と集団のあり方に立脚して説明がついているような気がした。敢えて言うなら、少々わかりにくかったポイントをブレークダウンして解説するための...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月01日

比較社会学の本。
日本社会の特徴は、小集団が縦に結びついている。
ヒトデの腕のようになっている。
責任を明確にしないメカニズム。
日本人は、序列をつけることが好き。
タテ社会のエッセンスは、序列を守ること。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月13日

あまり頭に入ってこない文体で分量のわりに読み終わるのに時間がかかった。
学歴・職場といったものに価値を置き評価を決める人は多いのだなあと思った。
正月などでの親戚が集まって食事したときもそういう話が多い。
日本人の法意識と法からの逸脱の許容範囲は全体がやっているかやっていないかで決まるというのは、自...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月04日

日本社会の構造を分析した書物である。ポイントは日本人の個体識別レベルは家族・仕事場などの「小グループ」であること、「小グループ」では、ある程度「わがまま」が許されフラストレーションが発散できるが、同時に個人の「勝手」を規制する力も働く。この「小グループ」が数珠状につながる点が第二のポイントである。小...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,943

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!