北の十字軍 「ヨーロッパ」の北方拡大

北の十字軍 「ヨーロッパ」の北方拡大

作者名 :
通常価格 1,134円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【サントリー学芸賞受賞作 1998年度 思想・歴史部門】 11世紀、聖地エルサレムの奪還をはかった十字軍。そして中世、ヨーロッパ北方をめざす、もう一つの十字軍があった。教皇の名のもと、異教徒を根絶すべく残虐のかぎりを尽くすドイツ騎士修道会を正当化した思想とは何か? ゲルマンとスラブの相克から大航海時代までも展望し、ヨーロッパ拡大の理念とその矛盾を抉り出す。(講談社学術文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社学術文庫
電子版発売日
2015年01月16日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2012年09月22日

高校世界史ではいまいちマイナーな東欧世界の中世に関して入門するには調度良い一冊です。

ヨーロッパ拡大とキリスト教がなぜ不可分なのか。その根本的な理論の部分から説明し、その理論を軸にフランク王国の拡大から大航海時代までを説明して見せます。その理論こそ「入るように強制せよ」。すべての異教徒を改宗させる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年05月08日

日本人にとって(少なくとも私にとって)なじみの薄い、北方ヨーロッパに派遣された十字軍に関する第一級の資料として、でも堅苦しくなく接することの出来る良書。

東方十字軍は、エルサレムへの巡礼を保護することが目的であり、西方への十字軍は「レコンキスタ」として知られるとおりイスラム教徒からのヨーロッパの奪...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月29日

少し難しいテーマを負っているのだが、ドイツ北東部、バルト3国、ロシアを舞台にした、中世の壮大な戦記物語のようで、非常に楽しい作品に仕上がっていると思う。そんな「中世の壮大な戦記物語」に触れながらも、「正義が力」なのか「力が正義」なのか、人間が永い間考え続け、また戦いを繰り返してきたという歴史に想いを...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年10月31日

「ヨーロッパ」拡大の理念と矛盾とは何か?中世、ヨーロッパ北方をめざしたもう一つの十字軍。聖戦の名の下、異教徒根絶を図った残虐な行いの数々に現代世界の歴史的理解を探究したサントリー学芸賞受賞作

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年05月24日

ドイツ騎士修道会の成立と変遷を核として、そして異教徒根絶のための征服を極めて学術的に叙述する。

プロイセン、ポーランド、バルト三国へのカトリックの布教の仕方が武力を大いに伴ったことがよく分かる。

塩野七生著のフリードリッヒ二世に、片腕として描かれるドイツ騎士修道会のヘルマン総長も当然出てくる。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play