ITロードマップ 2019年版―情報通信技術は5年後こう変わる!

ITロードマップ 2019年版―情報通信技術は5年後こう変わる!

作者名 :
通常価格 2,860円 (2,600円+税)
獲得ポイント

14pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

5G、情報銀行、量子コンピュータ、脅威インテリジェンス……

人工知能(AI)の活動領域が拡大するなかで、ビジネス、働き方はどう変わるのか?
ITの近未来がこれ1冊でわかる!

「ITロードマップ」とは、特定のIT領域について、現在から5年程度先までの技術の進化を予想した年表形式の「マップ」である。各技術のロードマップには、予想の根拠となる研究開発、製品開発の動向、さらにはアーリーアダプターによる活用の状況、今後の課題などについての解説を加えている。

本書は、ITをビジネスに活用する企業の経営者やCIO、企画部門の方、実際にITの開発や運用に携わる方々に対して、今後のIT利活用のナビゲーションとなるべく、以下のような構成としている。

■第1章 「ITロードマップとは」
ITロードマップの概要を紹介するとともに前年版の簡単なサマリーを明記。

■第2章 「5年後の重要技術」
5年先までの間にビジネスや社会に広く普及し、様々な影響を及ぼすと考えられるITとして「エッジAI」「データサイエンス・プラットフォーム」「非金融分野のブロックチェーン活用」「5Gと次世代ワイヤレス技術」「ドローン」等の技術トレンドを紹介。

■第3章 「複合的なITの活用による新サービスの可能性」
単一技術ではなく、複数の技術の組み合わせによって実現している興味深いソリューションやサービスを解説。

■第4章 「デジタル時代のセキュリティ」
「デジタルビジネスにおけるセキュリティ新機軸」を展望、次に、GDPRの施行などにより対策が迫られる「プライバシーの保護とIDの本人確認」、サイバー攻撃が高度化する中で重要性が増す「脅威インテリジェンス」、IoTの普及に伴い対策が求められる「IoT×無線のセキュリティ」を解説。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
344ページ
電子版発売日
2019年03月08日
紙の本の発売
2019年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
47MB

ITロードマップ 2019年版―情報通信技術は5年後こう変わる! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月01日

    ICTの技術動向とユースケースが簡潔にまとめられた良書。全体像を把握したいときに役に立つ。今回は過去に関わったプロジェクトが例示されてて驚いた。。。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年03月31日

    メモしたい用語:
    情報銀行:パーソナルデータを提供、対価を得る
    EX(Employee Experience):従業員体験価値
    BAT:バイドゥ、アリババ(eコマースTmall)、テンセント(SNS:WeChat)
    XAI:説明可能なAI
    AIOps:AIとDevOpsの融合
    GDPR:EUデータ一...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています