ITロードマップ 2018年版―情報通信技術は5年後こう変わる!

ITロードマップ 2018年版―情報通信技術は5年後こう変わる!

作者名 :
通常価格 2,860円 (2,600円+税)
獲得ポイント

14pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

人工知能(AI)、量子コンピュータ、ブロックチェーンのセキュリティ……

「ユビキタスAI」の時代にビジネス、働き方はどう変わるのか?
ITの近未来がこれ1冊でわかる!

「ITロードマップ」とは、特定のIT領域について、現在から5年程度先までの技術の進化を予想した年表形式の「マップ」である。各技術のロードマップには、予想の根拠となる研究開発、製品開発の動向、さらにはアーリーアダプターによる活用の状況、今後の課題などについての解説を加えている。

本書は、ITをビジネスに活用する企業の経営者やCIO、企画部門の方、実際にITの開発や運用に携わる方々に対して、今後のIT利活用のナビゲーションとなるべく、以下のような構成としている。

■第1章 「ITロードマップとは」
ITロードマップの概要を紹介するとともに前年版の簡単なサマリーを記している。

■第2章 「5年後の重要技術」
5年先までの間に、ビジネスや社会に広く普及し、さまざまな影響を及ぼすと考えられるITとして「人工知能(AI)」「AIアシスタントデバイス」「VR(仮想現実)・AR(拡張現実)」等の技術トレンドについて紹介。

■第3章 「複合的なITの活用による新サービスの可能性」
技術の観点からの切り口ではなく、特定業界と関係が深いテーマを扱っている。金融業界と関係の深い「金融×AI(人工知能)」「ロボアドバイザー2.0」、広告・マーケティング業界と関係の深い「マーケティング×AI」の各動向について解説。

■第4章 「ビジネスを加速させるセキュリティ技術」
年々、重要性が高まっているセキュリティ技術の中から、「IDと認証セキュリティ」「APIセキュリティ」「ブロックチェーンにおけるセキュリティ」を取り上げている。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / IT・Eビジネス
出版社
東洋経済新報社
ページ数
336ページ
電子版発売日
2018年03月09日
紙の本の発売
2018年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
43MB

ITロードマップ 2018年版―情報通信技術は5年後こう変わる! のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年06月05日

    5年後を見据えたIT技術のロードマップ.技術扱ってるけど平易な文章で読み易く,よくまとまってる.エグゼクティブサマリついてるのも良い.わかっておるな!感.

    5年後の重要技術として挙げられていたのは,
    ・人工知能(AI)
    ・AIアシスタントデバイス
    ・エンタープライズ・チャットプラットフォーム
    ・V...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月01日

    調査資料と思えば2600円は激安。調査資料買ったら単価100倍ですよ。
    今年はAI、量子コンピューター、拡張現実、ブロックチェーンあたりがメイントピック。
    個人的にはAPI セキュリティが面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める IT・コンピュータ

IT・コンピュータ ランキング