世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

世界一の暗殺者が、暗殺貴族の長男に転生した。現代であらゆる暗殺を可能にした幅広い知識と経験、そして異世界最強と謳われた暗殺者一族の秘術と魔法。そのすべてが相乗効果をうみ、彼は史上並び立つものがいない暗殺者へと成長していく――。 WEB発超人気作が大幅加筆にて新生、最強×無敵のアサシンズ・ファンタジー!!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 角川スニーカー文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川スニーカー文庫
シリーズ
世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生するシリーズ
電子版発売日
2019年03月01日
紙の本の発売
2019年02月
サイズ(目安)
14MB

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年09月16日

    高齢のため用済みとなった暗殺者が暗殺され、勇者の暗殺を条件に異世界転生する話。
    主人公が労せずに最強のスキルを得て無双する話が多い中、与えられた力だけではなく、前世で培った知識や技術を駆使して戦うので、不快に感じずに読めると思う。
    ただ、「計画→成功して○ヶ月が経った」の書き方ばかりで、実際の訓練の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月14日

    この作者はスニーカー文庫のときはサクサク読めない気がする。回復術士とは違い、陰鬱ではなくて、悪くないけど、作者特有の下世話な感じが薄まって残念。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月02日

    暗殺者ってかっこいいよね。異世界転生もの。
    正論を振りかざす勇者よりずっと好きです。

    魔法のある世界でどんな暗殺者となるのか?
    楽しいですヨー。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    あうら 2019年03月11日

    新規一転になればいいなぁと思う。
    主人公大好きな仲間逹はいつも通り。エルフと狐っ子が出ない作品。内容からすると最大5巻位で完結しそうな感じ?目的の終着をどこに添えるか気になる所。暗殺一家の徹底した計算高い家訓などは新鮮でした。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年08月06日

    意外に面白かった。ちょっと気になる所もあると言えばあるのだが、流せる程度かなー。さくさくと進み過ぎな気もしないでもないが、本筋に辿り着く(勇者の暗殺に)前だから、ある程度は仕方ないのかな。2巻以後も読んでみます。

    このレビューは参考になりましたか?

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する
    世界一の暗殺者が、暗殺貴族の長男に転生した。現代であらゆる暗殺を可能にした幅広い知識と経験、そして異世界最強と謳われた暗殺者一族の秘術と魔法。そのすべてが相乗効果をうみ、彼は史上並び立つものがいない暗殺者へと成長していく――。 WEB発超人気作が大幅加筆にて新生、最強×無敵のアサシンズ・ファンタジー!!
  • 世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する2
    規格外の魔力を持つ男の強襲を、現世で身につけた必殺の暗殺術で退けたルーグ。そんな彼の元へ、遂に殺すべきターゲットである《勇者》誕生の報が届いた。王国中の魔術エリート達が集う王立騎士学園で勇者と出会える事を知ったルーグは、ディア・タルトと共に入学試験へと挑む。秘術を使わずとも他を寄せ付けない圧倒的な強さと知性で衆目を集め、更には前人未踏の強さを誇る《化物》と相対するも冷静その...
  • 世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する3
    たった一体の魔族の襲撃により、王国でもっとも多くの魔力持ちがいるはずの魔術学園が蹂躙された。 暗殺者ルーグは勇者エポナとの共闘で危機を乗り越えるのだが、この活躍により王都から目を付けられたトゥアハーデへ"魔族討伐"の任が下る。  勇者でなければ殺すことが出来ない魔族を相手にする事はあまりに無謀と思われたが、ルーグはエポナより分け与えられた"新たな力"と自身の洞察力で既に突破口を見...
  • 世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する4
    勇者以外には不可能に思われていた魔族殺しを成したルーグの下に、有力者達から続々と面会を求める依頼状が届く。  世界最高位の巫女、この国を変えるべく新たな騎士団を設立したノイシュ、そしてアルヴァン王国家随一の名門公爵家もまた、ルーグとの接触を望むのであった。 圧倒的な能力を備える公爵家の中でも最高傑作と名高い才女・ネヴァン嬢から「害悪に成り下がったこの国の王子を殺してくれ」と依...
  • 世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する5
    三体目の魔族を討伐し、闇に墜ちたノイシュと別れたルーグ達はトウアハーデ領に帰還する。 武功を立て王家からの信頼が増す一方で、ルーグの活躍に嫉妬した貴族達はトウアハーデ家に悪辣な策略を巡らせていた。 人類の脅威である魔族、そして足を引っ張る外道達への暗殺計画を遂行するルーグであったが突如として深い眠りに落ち、その先で"はじまり"の女神と再会して!? 「あなたの今までの功績は世界を救...
  • 世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する6
     妖艶なる蛇ミーナからの招待を受け、新たな契約と選択を迫られる一行。 そして、命懸けの戦いと交渉を切り抜け再び学園へ通う事になったルーグは、一学年上のローマルング家令嬢・ネヴァンより驚くべき依頼を受ける。 何でも世界最大宗教であるアラム教の教皇に魔族が成りすましているらしいのだが!? 「教皇の始末ができるのは世界で貴方だけ。この国のため、殺っていただけますわね?」 最高権力者の...

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています