愛されたがりの処方箋(1)
  • 完結

愛されたがりの処方箋(1)

作者名 :
通常価格 165円 (150円+税)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「真面目な顔して、こんなにエロいなんて――」
地味エロドクターの夜の顔は、反則級のいやらしさ…!!
チャラいヒモ男の桔平は、別れ話を切り出されたカフェで、同じく別れ話をしている男性カップルを見かける。
「傷心者同士、イヤなこと忘れようよ」と、フラれたであろう地味めの男・奏介を誘い、ホテルへ入った桔平。
しかし、彼は見た目に反し積極的で、自ら後ろをほぐし、桔平のモノを咥え――…。
恋を知らないチャラ男×一途だけど淫乱なドクターの、せつなエロBL。
昼と夜のギャップに悶絶必至!!

ジャンル
出版社
シュークリーム
掲載誌・レーベル
moment
電子版発売日
2019年01月11日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

関連タグ:

愛されたがりの処方箋(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    (匿名) 2020年05月08日

    ヒモ男攻めと地味ビッチ受け。絵もかわいいく受けのギャップが良かったです。攻めも最低だけど憎めないし続きも期待できます。

    このレビューは参考になりましたか?

愛されたがりの処方箋 のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 愛されたがりの処方箋(1)
    完結
    「真面目な顔して、こんなにエロいなんて――」 地味エロドクターの夜の顔は、反則級のいやらしさ…!! チャラいヒモ男の桔平は、別れ話を切り出されたカフェで、同じく別れ話をしている男性カップルを見かける。 「傷心者同士、イヤなこと忘れようよ」と、フラれたであろう地味めの男・奏介を誘い、ホテルへ入った桔平。 しかし、彼は見た目に反し積極的で、自ら後ろをほぐし、桔平のモノを咥え――…。 恋を...
  • 愛されたがりの処方箋(2)
    完結
    「真面目な顔して、こんなにエロいなんて――」 地味エロドクターの夜の顔は、反則級のいやらしさ…!! チャラいヒモ男の桔平は、別れ話を切り出されたカフェで、同じく別れ話をしている男性カップルを見かける。 「傷心者同士、イヤなこと忘れようよ」と、フラれたであろう地味めの男・奏介を誘い、ホテルへ入った桔平。 しかし、彼は見た目に反し積極的で、自ら後ろをほぐし、桔平のモノを咥え――…。 恋を...
  • 愛されたがりの処方箋(3)
    完結
    「真面目な顔して、こんなにエロいなんて――」 地味エロドクターの夜の顔は、反則級のいやらしさ…!! チャラいヒモ男の桔平は、別れ話を切り出されたカフェで、同じく別れ話をしている男性カップルを見かける。 「傷心者同士、イヤなこと忘れようよ」と、フラれたであろう地味めの男・奏介を誘い、ホテルへ入った桔平。 しかし、彼は見た目に反し積極的で、自ら後ろをほぐし、桔平のモノを咥え――…。 恋を知...
  • 愛されたがりの処方箋(4)
    完結
    「真面目な顔して、こんなにエロいなんて――」 地味エロドクターの夜の顔は、反則級のいやらしさ…!! チャラいヒモ男の桔平は、別れ話を切り出されたカフェで、同じく別れ話をしている男性カップルを見かける。 「傷心者同士、イヤなこと忘れようよ」と、フラれたであろう地味めの男・奏介を誘い、ホテルへ入った桔平。 しかし、彼は見た目に反し積極的で、自ら後ろをほぐし、桔平のモノを咥え――…。 恋を...
  • 愛されたがりの処方箋(5)
    完結
    「真面目な顔して、こんなにエロいなんて――」 地味エロドクターの夜の顔は、反則級のいやらしさ…!! チャラいヒモ男の桔平は、別れ話を切り出されたカフェで、同じく別れ話をしている男性カップルを見かける。 「傷心者同士、イヤなこと忘れようよ」と、フラれたであろう地味めの男・奏介を誘い、ホテルへ入った桔平。 しかし、彼は見た目に反し積極的で、自ら後ろをほぐし、桔平のモノを咥え――…。 恋を...
  • 愛されたがりの処方箋(6)
    完結
    「真面目な顔して、こんなにエロいなんて――」 地味エロドクターの夜の顔は、反則級のいやらしさ…!! チャラいヒモ男の桔平は、別れ話を切り出されたカフェで、同じく別れ話をしている男性カップルを見かける。 「傷心者同士、イヤなこと忘れようよ」と、フラれたであろう地味めの男・奏介を誘い、ホテルへ入った桔平。 しかし、彼は見た目に反し積極的で、自ら後ろをほぐし、桔平のモノを咥え――…。 恋を...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています