本丸 目付部屋 権威に媚びぬ十人

本丸 目付部屋 権威に媚びぬ十人

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

権力に阿ることなく、自らを律し正義を貫く清々しき十人の侍たち

仮令、老中の事たりとも、非曲あらば言上すべし──
「柳之間誓詞」心得を胸に、大目付の非道と対決する。
「武家の鑑」目付の活躍!

早朝、大名の行列と旗本の一行がお城近くで鉢合わせ、旗本方の中間がけがをしたのだが、手早い目付の差配で、事件は一件落着かと思われた。ところが、目付の出しゃばりととらえた大目付の、まだ年若い大名に対する逆恨みの仕打ちに、目付筆頭の妹尾十左衛門は異を唱える。さらに大目付のいかがわしい秘密が見えてきて……。正義を貫く目付十人の清々しい活躍。

ジャンル
出版社
二見書房
掲載誌・レーベル
二見時代小説文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2019年01月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

本丸 目付部屋 権威に媚びぬ十人 のユーザーレビュー

レビューがありません。

本丸 目付部屋 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 本丸 目付部屋 権威に媚びぬ十人
    権力に阿ることなく、自らを律し正義を貫く清々しき十人の侍たち 仮令、老中の事たりとも、非曲あらば言上すべし── 「柳之間誓詞」心得を胸に、大目付の非道と対決する。 「武家の鑑」目付の活躍! 早朝、大名の行列と旗本の一行がお城近くで鉢合わせ、旗本方の中間がけがをしたのだが、手早い目付の差配で、事件は一件落着かと思われた。ところが、目付の出しゃばりととらえた大目付の、まだ年若い大名...
  • 江戸城炎上 本丸 目付部屋2
    清廉忠義の目付十人と、蔑みに歪む、お城坊主。 希代の企みは防げるか 表台所の味噌樽に毒草が。 台所組頭の屋敷の放火で、目撃される坊主頭の男……。 目付たちの探索に浮上する同朋頭の悲哀と覚悟! 江戸城表台所の小座敷で賄いの朝飯を食べた目付や小姓、小納戸衆が腹痛で七転八倒、味噌汁にあたったようだった。調べると味噌樽に毒草が入れられていた。いったい誰が、何のために? さらに表台所組頭の...
  • 老中の矜持 本丸 目付部屋3
    幕臣に目を付けるのは、われら目付の務め──誰に遠慮がいるものか 奏者番の切れ者大名から、礼法に従わぬ藩の者に説教を頼まれた十左衛門。 話は老中たちを巻き込み…。若き武士の意地を守れ! 目付筆頭の妹尾十左衛門は、奏者番かつ寺社奉行でもある切れ者大名から呼び出され、上様への献上物の件で盛岡藩の使者が礼法に従わぬので説教をしてくれと頼まれる。ところが、話が大きくなり老中をも巻き込む大...
  • 遠国御用 本丸 目付部屋4
    巨大異国船団が来襲!? 北九州沿岸での脅威に目付と藩が一致団結! 福岡藩、小倉藩の島々で、不審な山林伐採跡が……? 長崎奉行からの知らせに、幕府から急遽派遣される目付筆頭の遠国での活躍! 長崎奉行からの出島のオランダ商館長にキリシタンの疑いありとの報を受け、目付・稲葉徹太郎が赴く。また商館長の蔵から盗難があったことも判明し、稲葉が探索。そんな折、北九州沿岸に唐船出没との報せに、目...
  • 建白書 本丸 目付部屋5
    幕閣を前に目付衆十人、恒例の「総意」ではなく、己が信ずる理を吐露! 目安箱に入っていた建白書。 幕府へ弓引く叛乱の狼煙か、はたまた善意の建議か。 侃々諤々、幕閣達の怒りと、目付衆の熱き自負と主張! 八代将軍・吉宗が設置した目安箱に前代未聞の建白書が入っていた。幕府の農政に関するもので、見方によれば吉宗公を批判するものともとれ、幕閣は即刻処罰を訴えるが、上様から目付方に諮問があ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています