スパイス、爆薬、医薬品 世界史を変えた17の化学物質

スパイス、爆薬、医薬品 世界史を変えた17の化学物質

作者名 :
通常価格 2,860円 (2,600円+税)
獲得ポイント

14pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

小さな分子が社会を変えた!
化学構造式の読み方も身につくユニークな世界史

砂糖、綿、抗菌剤、ゴム、ニコチン、PCB…身近な物質の化学的な働きが、
東西交易や植民地支配、産業革命、公衆衛生、戦争と平和、法律など
人類の発展に与えた影響を、エピソード豊富に分りやすく解説。
文明の発達を理解するための独創的なアプローチ。

こんなあなたにお勧めします。(「訳者あとがき」より)
1 化学を学び損ねた人(本日が再スタートのチャンスです)
2 化学が嫌いだった人(分かれば好きになるものです)
3 知識を増やしたいビジネスマン(すぐには役立たない知識にこそ価値がある)
4 国立大学めざす受験生(一冊で世界史と化学の二科目はお得です)
5 大学に入ってこれから化学を学ぶ人(スタートダッシュが大事です)
6 化学を専門にするが人文科学も好きな人(私でした)
7 授業用に雑学ネタが欲しい化学科の教授(ネットで簡単に深く掘れます)
8 偶然これを手に取ったあなた(家に帰って構造式を実際に書いてみましょう)

<目次より>
一章 胡椒、ナツメグ、クローブ――大航海時代を開いた分子
二章 アスコルビン酸――オーストラリアがポルトガル語にならなかったわけ
三章 グルコース――アメリカ奴隷制を生んだ甘い味
四章 セルロース――産業革命を起こした綿繊維
五章 ニトロ化合物――国を破壊し山を動かす爆薬
六章 シルクとナイロン――無上の交易品とその合成代用品
七章 フェノール――医療現場の革命とプラスチックの時代
八章 イソプレン――社会を根底から変えた奇妙な物質
九章 染料――近代化学工業を生んだ華やかな分子
十章 医学の革命――アスピリン、サルファ剤、ペニシリン
十一章 避妊薬――女性の社会進出を後押しした錠剤
十二章 魔術の分子――幻想と悲劇を生んだ天然毒
十三章 モルヒネ、ニコチン、カフェイン――阿片戦争と三つの快楽分子
十四章 オレイン酸――黄金の液体は西欧文明の神話的日常品
十五章 塩――社会の仕組みを形作った人類の必須サプリメント
十六章 有機塩素化合物――便利と快適を求めた代償
十七章 マラリアvs.人類――キニーネ、DDT、変異ヘモグロビン

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
中央公論新社
ページ数
372ページ
電子版発売日
2018年10月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB

スパイス、爆薬、医薬品 世界史を変えた17の化学物質 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月20日

    何より良いと思ったのは、有機化合物の構造式が本書に併記されているところ。

    学生であった当時大嫌いだったベンゼン環などがうじゃうじゃでてくるのだけれど、もはや構造式の特徴を暗記しなくてもよい今となっては、かえってとても役に立った。

    本書を読んでもっとも驚いたのが、化合物の組成がほんのちょっとでも変...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月17日

    全ての原点とも言える化学物質から始まる化学反応、我々人類は日々自然の恩恵を受け、また、時には戦い、それらの歴史には常に化学が存在しています。ふとした日常、近代話も多くとても興味深く読むことができました。(食べ物好きなので特に…)そこそこの分厚さではありますが、一気に読める本で、興味本位でもこの一冊を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月25日

    化学の本としても、読み物としてもなかなかよく出来ている。話のつながり具合がうまく、各章のボリュームもちょうどよい。いろんなレベルの人が読んでも、なるほど、と思える部分があると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月14日

    化学と歴史は思いの外、関係が深い。いくつもの大きな歴史の転換点に化学物質が関わってきた。大航海時代に求められたスパイスの香料成分、航海とビタミンC、等々。この本は、あえて化学式をきちんと示し、何がその機能を分けているのかを解説する。きちんと化学式を追わなくても、エピソードとして十分面白いけれど、何故...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月11日

    ある化学物質がこんな歴史を作った・・・!
    この切り口は本当に面白かった。
    新たな化学物質が生み出される度に様々な歴史も同時に生まれるんだなぁとしみじみ。作られる物質は時には環境への負の遺産になることもあるし、沢山の命を奪うこともある。でも、化学物質が悪いのではなくて、それを使用する人間の心が悪いのだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月23日

    <歴史の陰に化学物質あり>

    古来、数多くの事件が歴史を動かしてきた。事件の陰にはさまざまな要因がある。その中に、化学物質もあったのだ、というのが本書の視点。
    これが抜群におもしろい。
    取り上げられている物質は、スパイス・ビタミン・糖・繊維・爆薬・ゴム・染料・薬品・麻薬・塩等、幅広い。

    特筆すべき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月04日

     とりあえず本屋で表紙買い。(いや、手にとってみたくなるような洒落た表紙デザインってすごく大切だと思うんだ……)
     そして大当たり。確かに化学式は多いけれど、絵だと思って眺めてみれば、なんとなく違いがわかってくるから不思議。

     内容については帯にもあった「身近な物質の化学的な働きが、人類の発展に与...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月09日

    世界史(主に近代、現代史)を有機化合物から読み解く、極めてユニークな一冊。これ一冊を種本に1年間、中学校か高校で講義をしたら化学志望者が激増するんじゃないかと思う。
    大航海時代が香辛料を求めて花開いたことは雑学で知っていても、そこの世界史的な前後関係と、各物質の化学構造式と性質が並列で学習できる。前...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月28日

    パラパラとめくるとふんだんに化学構造式が使われていて、なにやらあまり聞いたことのないカタカナの名称がずらずら…。
    こんな本、私に読めるのかな…と引き気味に読み始めたが、これがどうして、単に読み物としても非常に面白く、化学はもちろん、世界史もはっきり言って苦手な私でさえ、ぐいぐい読み進めた。

    化学を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月26日

    大航海時代を開いたスパイスの成分から、歴史を変えた砂糖(グルコース)、綿花(セルロース)から爆薬(ニトロ化合物)、プラスチック(フェノール)、染料、医薬品(アスピリン、ペニシリン、ピル)、快楽分子(モルヒネ、ニコチン、カフェイン)、環境破壊物質(有機塩素化合物)等の主に有機系の化学物質の歴史に与えた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

作者のこれもおすすめ

父子目付勝手成敗

父子目付勝手成敗

  • ブラウザ試し読み

斬らずの伊三郎

斬らずの伊三郎

  • ブラウザ試し読み

旋風喜平次捕物捌き

旋風喜平次捕物捌き

  • ブラウザ試し読み