ヒットの設計図 ポケモンGOからトランプ現象まで

ヒットの設計図 ポケモンGOからトランプ現象まで

作者名 :
通常価格 1,881円 (1,710円+税)
紙の本 [参考] 2,090円 (税込)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

スター・ウォーズ、ウォーキング・デッド、フィフティ・シェイズ・オブ・グレイなどの世界的コンテンツから、ビートルズ、ポケモンGO、インスタグラム、モナ・リザ、大統領演説、人名にいたるまで、あらゆるものを俎上にのせて打ち立てるヒットの統一理論。解説収録/柴那典

ジャンル
出版社
早川書房
ページ数
392ページ
電子版発売日
2018年10月15日
紙の本の発売
2018年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

ヒットの設計図 ポケモンGOからトランプ現象まで のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月10日

    音楽や本、アート、映画、商品、そして人物に至るまで、様々な分野におけるヒットの秘密を分析した良書。
    ヒットの要因のベースにある「なじみ感」という指摘は確かにその通りで、音楽であれば耳馴染みの良いコード進行、映画であればストーリー展開などは、やりすぎるとただのパクリとして片付けられてしまうが、微妙なエ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月07日

    ・消費者のほとんどは「ネオフィリア(好奇心が強く、新しいものを発見したいと思う)」であると同時に、重度の「ネオフォビア(あまりに新しいものを怖がる)」である。優れたヒットメーカーとは、新しいものと既存のもの、あるいは不安と理解を組み合わせて「意味がわかる瞬間」を作り出す天才たちである。「どこかなじみ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月08日

    さまざまなヒットはどのようにして生まれたのかを分析した本。
    冒頭に出てきた、なぜ印象派の中でもモネやルノワールが人気なのか?という裏話がとにかく意外で面白かった!
    色々と勉強になる点が鏤められていたけれど、特に印象に残ったのは2点。
    ・人は、安心感(既視感)があるものを好むと同時に、見たことのないも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月10日

    ‪あの作品がヒットし、逆にあの作品がコケたのは何故なのか?そんな疑問を徹底考察した一冊。バイラルとブロードキャストの違いを解説した第8章が目から鱗で特に面白かった。日本でも多くの作品が口コミでヒットしたと言われているが実態はそう単純ではない。同時に作品の質をヒット規模だけで語ってはいけないと改めて思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月18日

    ①人は馴染みのあるものを選ぶ

    馴染み感

    「露出度」が「馴染み感」を生み、「馴染み感」が情報処理の容易な「流暢性」を生み、流暢性が「好き」という感覚を生む

    人々は一般的に、すでに賛成している考え方、はっきりした映像、わかりやすいストーリー、解決しやすい謎を好む
    =流暢性

    流暢性を感じさせる大事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月19日

    ●なかなか読み応えがあり、テーマとその論点も面白かった。ヒットのメカニズムについて、多くの事例を分析して、解説している。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月30日

    印象派のカイユボットの話が面白かった。

    ちなみにウォーキング・デッドについては一言しか触れていない。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年12月19日

    『ヒットとはカオスである』

    ということが、何度も強調されている。

    カオスゆえに明確なテンプレのようなものは存在せず、ヒットは予測不能である。

    この本を読んでヒットする仕組みや背景を知ることはできるが、じゃあ自分がヒットを生み出せるかどうかは予測不能。

    タイトル詐欺に思うかもしれないが、本書を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年12月16日

    約390ページ。文字も小さめで脚注も入ったりするため、かなり読み応えあり。
    絵画に始まり音楽、映画とヒットについて様々な角度から見ており、あの作品にそんなエピソードが!というものも多く読んでいて面白かった。そしてコレを読むと、ヒットの出方はあまりに多種多様ということを再認識させられた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています