原作版 左ききのエレン(1): 横浜のバスキア

原作版 左ききのエレン(1): 横浜のバスキア

作者名 :
通常価格 622円 (566円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

天才になれなかったすべての人へ――。

朝倉光一は、大手広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日だった……。もがき苦しむ日常の中で、高校時代に出会った天才・エレンのことを思い出していた。

2015年、メディアプラットフォームnoteで公開されてすぐに話題を呼び、ウェブメディアcakes連載時も不動の人気を誇る「左ききのエレン」、待望の電子コミック化!「SNSポリス」「おしゃ家ソムリエおしゃ子! 」で一躍話題になった「かっぴー」が手がける、初の長編ストーリーマンガ。描き下ろし「左ききのエレン 2018」を収録。

『左ききのエレン』1巻 横浜のバスキア編
・1話「オレは、オレの事ばっかりだ」
・2話「ゴッホむかつく」
・3話「パパの手はそうじゃなかった」
・4話「主人公じゃないんだって」
・5話「名前はまるで呪いだよ」
・6話「何かにならなきゃ」
・7話「オレって佐藤可士和タイプじゃん」
・左ききのエレン 2018「横浜・山中書房にて」

■著者について
漫画家。株式会社なつやすみ代表取締役社長。武蔵野美術大学でデザインを学び、2009年卒業後は東急エージェンシーのクリエイティブ職に。アートディレクター・コピーライター・CMプランナーなど天職が見つからぬままアイデアを書き留めた絵コンテを量産する。2014年に面白法人カヤックへ転職。2015年9月、漫画を見た同僚に背中を押され、描いた漫画「フェイスブックポリス」をWEBサイトへ公開し、大きな反響を呼んでネットデビューを果たした。以降、「フェイスブックポリス」の続編「SNSポリス」をはじめ「おしゃ家ソムリエおしゃ子! 」「左ききのエレン」「おしゃれキングビート! 」「裸の王様VSアパレル店員」などWEBメディアでの多数の連載がはじまる。子どもの頃憧れた映画の脚本家やテレビ番組の構成作家など、自分が考えた物語を世に広める事を夢みて、2016年2月に株式会社なつやすみを設立した。社訓は「忙しく、遊ぶ。」。

ジャンル
出版社
ナンバーナイン
電子版発売日
2018年08月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
69MB
  • ドラマ化

    「左ききのエレン」

    2019年10月20日~ MBS
    出演:神尾楓珠、池田エライザ、石崎ひゅーい

新刊オート購入

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~16巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 16件
  • 原作版 左ききのエレン(1): 横浜のバスキア
    天才になれなかったすべての人へ――。 朝倉光一は、大手広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日だった……。もがき苦しむ日常の中で、高校時代に出会った天才・エレンのことを思い出していた。 2015年、メディアプラットフォームnoteで公開されてすぐに話題を呼び、ウェブメディアcakes連載時も不動の人気を誇る「左ききのエレン」、待望の電子コミック...
  • 原作版 左ききのエレン(2): アトリエのアテナ
    天才になれなかったすべての人へ――。 朝倉光一は、大手広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日だった。もがき苦しむ日常の中で、美大受験のために通っていたアトリエのことを思い出していた。エレンとその父親の因縁が、光一を軸に回り出す。 2015年、メディアプラットフォームnoteで公開されてすぐに話題を呼び、ウェブメディアcakes連載時も不動の...
  • 原作版 左ききのエレン(3): 不夜城の兵隊
    天才になれなかったすべての人へ――。 朝倉光一は、大手広告代理店に勤めるデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働き、ようやくアートディレクターに就任する。しかし、新しくついた実力主義の上司に降格を言い渡され、事態は思わぬ方向へ傾き始める。 2015年、メディアプラットフォームnoteで公開されてすぐに話題を呼び、ウェブメディアcakes連載時も不動の人気を誇る「左ききのエレン...
  • 原作版 左ききのエレン(4): 対岸の二人
    天才になれなかったすべての人へ――。 朝倉光一は、大手広告代理店に勤めるデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日の中で、美大時代のことを思い出していた。舞台は2003年の東京芸術大学。ここから、才能の質がまったく異なる、光一・エレン・あかり・さゆりの4人の日々が始まった――。 2015年、メディアプラットフォームnoteで公開されてすぐに話題を呼び、ウェブメディアcakes連...
  • 原作版 左ききのエレン(5): エレンの伝説
    天才になれなかったすべての人へ――。 朝倉光一は、大手広告代理店に勤めるデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日の中で、学生時代に出会った天才・エレンのことを思い出していた。舞台は2004年のNY。様々な才能を巻き込んだ、エレンの伝説がいま始まる――。 2015年、メディアプラットフォームnoteで公開されてすぐに話題を呼び、ウェブメディアcakes連載時も不動の人気を誇る「左...
  • 原作版 左ききのエレン(6): バンクシーのゲーム
    天才になれなかった全ての人へ――。 朝倉光一は、大手広告代理店に勤めるデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日の中で、学生時代に出会った天才・エレンのことを思い出していた。舞台は2005年のNY。エレンと、世界的に有名な覆面アーティスト・バンクシーとのゲームがいま始まる――。 2015年、メディアプラットフォームnoteで公開されてすぐに話題を呼び、ウェブメディアcakes連載...
  • 原作版 左ききのエレン(7): 光一の現実
    天才になれなかった全ての人へ――。 朝倉光一は、大手広告代理店に勤めるデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日だった……。若手クリエイティブ・ディレクター神谷のチームに配属された、入社3年目の光一。神谷チームに、ある日突然3億円の大型コンペが降ってきて――。 2015年、メディアプラットフォームnoteで公開されてすぐに話題を呼び、ウェブメディアcakes連載時も不動の人気を...
  • 原作版 左ききのエレン(8): 物語の終わり
    天才になれなかった全ての人へ――。 朝倉光一は、大手広告代理店に勤めるデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日だった……。舞台は2009年。デザインの腕なら右に出るものはいない上司・柳のもとで働いていた光一は、そのサディスティックな性格に疲弊していた。神谷が独立し、沢村の定年も迫るなか、光一は拠り所を失っていき……。 2015年、メディアプラットフォームnoteで公開され...
  • 原作版 左ききのエレン(9): 左ききのエレン・前
    天才になれなかった全ての人へ――。 朝倉光一は、大手広告代理店に勤めるデザイナー。ようやく社内外での定評を得られるようになった2010年秋ごろのこと、園宮製薬のリブランディング案件に関わることになるが……。運命の歯車は回り、「その時」は刻一刻と近づいていた――。 2015年、メディアプラットフォームnoteで公開されてすぐに話題を呼び、ウェブメディアcakes連載時も不動の人気を誇る「左ききのエレ...
  • 原作版 左ききのエレン(10): 左ききのエレン・後
    天才になれなかった全ての人へ――。 これは、「朝倉光一」という天才に憧れた一人の男が、「エレン」という才能と出会う物語。2015年、メディアプラットフォームnoteで公開されてすぐに話題を呼び、ウェブメディアcakes連載時も不動の人気を誇った「左ききのエレン」が、待望の電子コミック化! 「SNSポリス」「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」で一躍話題になった「かっぴー」が手がける、初の長編ストーリ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています