男と女の悲しい死体

男と女の悲しい死体

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ダイナマイトをふたりで抱えて爆死した男女。
セックスをしたまま心中をしてしまった男女。
奥さんの下着をつけたまま自慰の途中で心臓発作で亡くなった夫……
。隠蔽されることの多い男女が絡まる死を、東京都監察医務院での30年のキャリアをもつ著者は冷静に見てきた。
心中、無理心中、殺人、自殺……。
どれをとっても、美しい死体などないと断言しているが、死ななければならなかった彼らの人生に思いを馳せずにはいられない。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
シティブックス
電子版発売日
2018年08月17日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

男と女の悲しい死体 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年12月17日

    死に優劣はない、ということを述べておられた。
    死んだ人をみて、幸せだったろうとか、なんて死に様だ、などと
    講釈するのは生きてる人の勝手なんだな。

    終わりのほうにもあったが、死を語ることが
    おおっぴらで無い風潮だが、等しく誰にもやってくるんだから
    それについて考え、上野氏のような死の在り方を
    よく知...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月15日

    腹上死は春が多いんだって。

    皆さん、気をつけて。

    腹上死のカップル。

    男性が死ぬときは平均46歳(相手の女性は33歳)
    女性が死ぬときは平均42歳(相手の男性は41歳)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    これも読んでみたい本。  ヤフーでちょっとだけ読んだけど、なかなか面白かったです。どんな理由があれ、人はそれぞれの人生を歩んで、死んでいきます。その中でこれは男女関係を中心に、なぜ彼らが死を遂げたのかを書いてあるみたいです。きみぃの中の生物学はここでも息をしています(笑。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月13日

    法医学者による主に情死に絡んだ死体の本。
    昭和の時代は離婚が少ない代わりに心中が多いとか、水死体になると顔が風船みたいに膨らむとかのトリビアが得られる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月04日

    上野正彦氏の本なので、もう少し、検死に関して細かい記述があると良かったと思う。
    もっとも、タイトルどおり、監察医が見た死体についての感想なので間違ってはいないが。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月04日

    題のまんまですな
    男女の死体に関わった監察医が
    どんなストーリーがあったのか
    というのを
    ドラマチックに紹介してくれるオムニバス形式です

    男と女の死体・・・
    でもねー
    私としましては幸せな死に方なのでは?
    と思うんですね
    愛し合っているものどうしが
    一緒に死んであの世で一緒になろう
    もしくは
    この...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    2万体の死体を見続けた監察医の著者が
    男女の性について綴ったドキュメント本。

    きれいに化粧をした心中死体。
    商売道具を使った男と女の結末。
    夫婦の秘められたSMプレー死。
    指を切りとらせたマゾヒスト。
    オナニー中の窒息死。
    体から出てきた信じられないもの。
    貪欲なおばあさんの腹上死。
    身元不明の売...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    愛する人と一緒に死ねたら本望ですよね〜でもひとは生まれる時も死ぬ時もひとりなんだよ。
    理不尽に他人に奪い取られた命(死体)はなんとか犯人をあばいてほしいと監察医に語っているのでしょうね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています