魂の秘境から

魂の秘境から

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

名作『苦海浄土』で水俣病を告発し世界文学に昇華した著者が、ホームで闘病しながら語った、水俣・不知火海の風景の記憶と幻視の光景。朝日新聞に3年にわたり連載されたエッセイを収録した最晩年の肉声。写真家・芥川仁氏による写真多数収録。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
ページ数
240ページ
電子版発売日
2018年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
40MB

    Posted by ブクログ 2019年10月04日

    石牟礼道子を読んできて5冊目に手にした本作は彼女の”遺作”だった。「苦海浄土」からエッセイと詩集を経て、彼女が手掛けたという能作品「沖の宮」収録作へ手を伸ばしたいと考えていた時、もう少し他の作品も読もうと思った時に購入したのがこの本だ。語り直しもあったけれど、熊本地震での体験も含まれており、遠い時代...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月16日

    こう言うと語弊があるかもしれないのですが、近所のおばあちゃんの昔語りを聞いているようで、とても読みやすいと思いました。なじみの土地への親しみ、懐かしく思う気持ち、それは本来多くの人が共感できるはずのことで、決して大仰なことではないはず。
    弱者の声など堰き止めてしまう不条理な壁のようなものも、水俣の人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月28日

    今年の自分の誕生日にお亡くなりになられた著者の
    3年間くらいのエッセー集。
    昔の水俣あたりの風景や風土がよくわかるというか
    懐かしい感じがする内容です。自分の昔いた田舎と
    やっぱりかさなってしまいます。水俣ではないですし
    九州でもなく、海沿いでもないのですが。
    水俣病に対しての思いや怒りはあまりでて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています