禅とジブリ

禅とジブリ

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「過去、未来じゃなく、もっと今のことを考えなきゃ」──スタジオジブリプロデューサー鈴木敏夫氏が禅僧と奔放対談。対するは、玄侑宗久氏(作家・福聚寺住職)、横田南嶺氏(臨済宗円覚寺派管長)、細川晋輔氏(龍雲寺住職)の三人。『もののけ姫』『火垂るの墓』などジブリの名作から、死生観や人生哲学などを禅的に読みとき、宮崎駿・高畑勲両監督との映画制作の経験に照らして禅を語ります。月刊『なごみ』連載に対談と鈴木氏のエッセイを追加収録。

ジャンル
出版社
淡交社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2018年08月03日
紙の本の発売
2018年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

    Posted by ブクログ 2019年05月04日

    禅の生き方には現代の若者には響くものがあった。
    未来、過去を気にするのではなく、今だけを考えて生きる。
    自分の理想と現在の乖離に悩むことは未来を気にしすぎているから。そんなことに今悩んでも全くの無駄。
    今だけ思考に切り替えて生きていこうと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月19日

    2年半ごとに転職を繰り返している私。おそらく、2年くらい経つと「続けることの先にある自分の姿」が見えてしまって、そのチャレンジのない状態に絶望するんだと思う。でも一方で、そうやって「どう生きていくか」「自分の未来はどんなもんなのか」と考えてしまうことがもはやちょっと辛くなってきてしまって、最近禅に興...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月23日

    「自我(エゴ)を捨て、自己(セルフ)を見つめる」をはじめ、発見に満ちた名著。
    繰り返し繰り返し「(過去でも未来でもなく)今ココで生きる」ことの大切さを説かれている。

    いわゆるジブリ本ではなく、柔らかく強い、現代禅の入門書。
    ただしジブリ本以上に、鈴木節が炸裂していて、ジブリ本ファンにはやはり堪らな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月16日

    和尚さんたちのお話はもちろんだけど、ジブリ作品にも禅が紛れ込んでいてこれからジブリを違う視点でみれそう。

    魔女の宅急便でジジが途中から話さなくなる場面。
    あれは何故かを鈴木さんが短く解説されてて、細川さんと同じく、うわーすごい!!と思わずうなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月16日

    眠かったので、何度も途中で寝ながら読んだ。
    そんなゆったりした読書に向く感じ。

    【引用】
    (細川)
    「一日暮らし」という言葉があるんです。
    白隠さんの師匠がおっしゃった言葉なんですが、
    どんなつらいこともその日一日だと思えば
    耐えられるし、どんなに楽しいことも
    その日一日だと思えば浮かれることはな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月21日

    スタジオジブリのプロデューサーの鈴木氏と禅僧との対談。ジブリの、宮崎、高畑両監督と鈴木氏の関係の、奥に見える何かが禅の教えと重なる部分があったようだ。ジブリ映画のワンシーンに今回の対談のヒントが見え隠れしたのも読みやすさのポイントだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月24日

    鈴木敏夫と3人の禅僧の対談をまとめたもので、禅の解説本は、ちんぷんかんぷんな話が多いが、対談で事例や体験をもとに話しているのでわかりやすい、が、それでもやはり禅とは座禅により無になることだと思う。言葉による説明は分かったような、分からないような気分になった。ただ、鈴木氏の話の中には宮崎駿のエピソード...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月24日

    禅とジブリと言うタイトルだから小難しい話かと思いきや…全くそんなことはなく、日々をどう生きていくかと言うとなんだか大事のような感じになっちゃうけど、気持ちの持ちようをちょっとしたらアドバイス的感じで対談しつつ読者側に提供してくれる。
    そんな中にジブリ内の宮崎駿との裏話とかが書いてあって、え?それ書い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年07月28日

    言わずと知れた、スタジオジブリの名プロデューサー鈴木敏夫氏と三人の禅僧による禅問答。
    何故ジブリと禅?と不思議に思って読むと、ジブリと禅との数々の共通点に驚かされる。
    鈴木氏によるジブリ作品や宮崎駿監督に関するエピソード、仕事との向き合い方・生き方等々、感心したり感動したりの連続で付箋紙張りまくりと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年01月29日

    この本を案内しようとと思ったのは表紙をスキャナーで写真にとってみると、手抜きの構成のようなんだけれど、これが結構面白い。たった、それだけ。

     鈴木敏夫という人は、知る人ぞ知る「スタジオジブリ」のプロデューサー。宮崎駿や高畑勲の仕事を支えている人。もともとは徳間書房の編集者だったらしい。その鈴木敏夫...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています