東京S黄尾探偵団 Kの処刑場

東京S黄尾探偵団 Kの処刑場

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

黄尾高校に事務所を置くS黄尾探偵団。そのメンバーとしてバイトをしている行衡は、たてつづけに起こる事件のせいで、留年の危機におちいっていた。今回も、黄尾高の理科室で、黒く焼けこげた死体を見つけたことで、またまた事件に関わることに。死体のそばには、「K-EXCUTION」というなぞの文字が書かれていた。それと同じ文字が残された死体が、別の場所で発見されて……?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2018年08月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

東京S黄尾探偵団 Kの処刑場 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    確かに面白かった。面白かったけど…。でも後味が、悪かった。
    なんていうか、ほんともう「あーなんで…こう…!」みたいな(どんなだよ)
    「?K―藍田花音」はもう花音ちゃんが痛々しいというか、哀しいというか…。強くあろうとする花音ちゃんが大好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    K-EXCUTION
    カノン編?1発目。
    前2作を遥かに越えた猟奇もの。結構たくさん人が死にます。なので、全体的にシリアスなシーンの多い1冊だったと。
    暗い話ではありますが、グロい話でもありますが、結構さくさく読み進められました。ちなみに。相変わらずミステリ性は求めないほうがいいかと思ったり思わなか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    たぶん作者の中ではストーリーが成立しているんだろうけど、雰囲気と勢いで詳細が省かれてしまっているので、読者は置いてけぼり状態。
    ただ、それでも尚読ませるのはキャラクターが魅力的…だからかなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    これは友達に勧められて中学の図書室で借りた本。
    中1〜中2の時かな?
    かなりはまった。
    読みやすいテンポだし、先が気になるんだよね。
    でも最終巻は読んでない気がします。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年01月20日

    久しぶりのS黄尾シリーズは、心にズシリとのしかかる悲しい事件でした。
    表紙がいつもより大人しいのはこの為か・・・。
    恋愛モノみたいとか言ってごめん。

    テーマがあるなら、「過去とどう向き合うか。決着をつけるか」だと思います。
    犯人は、K-EXCUTON
    ‘EXCUTION‘の意味は、死刑執行。連続殺...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

東京S黄尾探偵団 のシリーズ作品 1~29巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~29件目 / 29件
  • 東京S黄尾探偵団 少女たちは十字架を背負う
    試合中のアクシデントでテニスをあきらめ、個人主義的なシステムの黄尾高校に転校した行衡。静かな生活を夢見る行衡だったが、義理の兄弟と名のる少年・五月が現われたり、母親が突然ハネムーンに出かけたりで、彼の望みは、あっさりと引き裂かれた。おまけに学校の保健室に探偵事務所があって、そこのメンバーにさせられてしまい…。そんな時、少女たちを狙った連続誘拐事件が起こるが…!?
  • 東京S黄尾探偵団 青の封印
    むりやりS黄尾探偵団のメンバーにさせられてしまった行衡は、体育の授業中に出会ったおしとやかな少女・万里に一目ぼれしてしまう。ところが万里は霊能力者で、行方不明になっていた女性の死体が埋められている場所を言い当ててしまったのだという。一躍マスコミに追われることとなった万里を、自分の家にかくまおうとする行衡。でも、万里の過去には、なにか秘密がありそうで……?
  • 東京S黄尾探偵団 Kの処刑場
    黄尾高校に事務所を置くS黄尾探偵団。そのメンバーとしてバイトをしている行衡は、たてつづけに起こる事件のせいで、留年の危機におちいっていた。今回も、黄尾高の理科室で、黒く焼けこげた死体を見つけたことで、またまた事件に関わることに。死体のそばには、「K-EXCUTION」というなぞの文字が書かれていた。それと同じ文字が残された死体が、別の場所で発見されて……?
  • 東京S黄尾探偵団 五月、拉致られる
    黄尾高校に事務所を置くS黄尾探偵団。花見をしようと校門前に陣取ったメンバーたちだったが、兵悟だけがなかなかやって来ない。「ちょっと様子を見てくる」と五月がみんなのもとを離れた、その直後。車が急発進する音が聞こえ、ふとそちらを見た行衡は、五月の姿が見えないことに気がついた。そして、跡を追うようにして遠ざかっていった兵悟の車のエンジン音……。五月に何が起こったのか!?
  • 東京S黄尾探偵団 さらば愛しき女よ
    黄尾高校に事務所を置くS黄尾探偵団。そのメンバーの一人である新田善美は、若くして結婚した妻に逃げられた過去を持っている。いつものように保健室に集まった探偵団のメンバーに、母親に勧められた見合いが嫌だと善美が嘆いていると、そこへS県警の唐沢順也がやってきた。最近首都圏を中心に起きている昏睡強盗に関する捜査の依頼らしい。だがどうも善美の様子がおかしくて……?
  • 東京S黄尾探偵団 羊たちの祭壇
    すっかりS黄尾探偵団の巣窟と化した黄尾高保健室。その帰り道、探偵団の一員である如月みさおは何者かに後を尾けられた。何事もなく済んだものの、その後も白紙の手紙が届くなどの嫌がらせが続いた。そんなみさおに、「ストーカーの可能性がある」と五月は告げる。犯人を突きとめようとする探偵団のメンバーたちに、「気にしすぎ」と言うみさおだが、嫌がらせはますますひどくなって……?
  • 東京S黄尾探偵団 竹林温泉殺人事件
    慰安旅行と称して温泉に出かけた東京S黄尾探偵団一行。好みの仲居さんを見つけて浮かれる行衡に、いたずらを仕掛けるみさおと花音だが、それが行衡の不幸の始まりで……? 表題作「竹林温泉殺人事件」他、幽霊屋敷でアルバイトをすることになった行衡と五月の受難を描く「愛と哀しみのヘルハウス」、慈吾朗の別荘を訪れた探偵団に襲いかかる恐怖の物語「そして誰も痛くなった」の二編を収録!
  • 東京S黄尾探偵団 時計台の首縊りの鐘
    足を骨折して入院することになった行衡。そんな彼のお見舞いに来た探偵団のメンバーだが、行衡をいたわるどころか、からかってばかり。ついには、「この病院の敷地内にある時計台で、人が首を吊って死んだらしい」という話をして、行衡を怯えさせる始末。その時計台は今はもう機能していないのだが、人が死ぬとなぜか鐘が鳴るらしい。そんな話をした矢先、外から鐘の音が聞こえてきて……?
  • 東京S黄尾探偵団 魔都に鳴く龍
    S黄尾高校保健室を根城にしているS黄尾探偵団。所長の慈吾朗の気まぐれで、行衡たちは、上海まで毛はえ薬を買いにいくことに。そんな彼らを出迎えたのは、政府高官の張元来(チャンユエライ)だった。なんと、慈吾朗とは昔からの知り合いだという。元来は、行衡たちに「妙なことをしないように慈吾朗を見張っていてくれ」と頼みこむ。しかしこれが、上海を舞台に巻き起こる大事件の始まりだった……。
  • 東京S黄尾探偵団 君にささげる花束
    高校の保健室を根城にしている、われらがS黄尾探偵団。彼らの前に突然、パリで活躍中のモデル・一柳瑞穂が現われた。なんと行衡の元彼女(モトカノ)だという瑞穂は、「しばらく家においてほしい」とワケありな様子で頼んできた。なにやら不穏な雰囲気に所長の慈吾朗が黙っているはずもなく、メンバーそろって天野家で合宿となった。でも、行衡とビミョーな関係が続く花音は不機嫌モードが止まらずに…。
  • 東京S黄尾探偵団 Sの葬列
    高校の保健室を根城に活動するS黄尾探偵団。彼らを訪ねて、S県警の唐沢順也がやってきた。順也は<終末の子供たち>と名乗るグループが残したという死亡予告リストを見せる。その中の一人、佐野ヒカリの護衛を依頼するためだ。高校生であるヒカリの護衛は極秘に行う必要がある。そのため、行衡、五月、花音、みさおの4人を転校生として、ヒカリの高校に送りこむが、事態は思わぬ展開に…!?
  • 東京S黄尾探偵団 俺たちは天使じゃない
    S黄尾探偵団の一員である兵悟のもとへ、交通事故を起こしたユサが転がりこむ。彼が轢いたのは、知り合いの元刑事だった。ふたりはその元刑事を見舞うが、すでに立ち去ったあとで…!? 同じ頃、高校の保健室に集まるメンバーのもとを、県警の唐沢が訪ねていた。重要参考人として、ユサの行方を捜しているという。それを知った彼らは、ユサを匿いつつ、彼の依頼で消えた元刑事を捜し始めるが…!?
  • 東京S黄尾探偵団 ローマの厄日
    高校の保健室で相変わらずとぐろをまくS黄尾探偵団のもとに、一通の招待状が届いた。行衡の元彼女で、スティラニ国の皇太子と婚約した瑞穂からのものだ。さっそくローマに向かった行衡たちだったが、用意されたホテルで彼らを待っていたのは、助けを求める瑞穂と皇太子だった。ふたりの結婚に反対する勢力から身を守るため、瑞穂の影武者を用意してほしいと言うのだが、選ばれたのは…!?
  • 東京S黄尾探偵団 宝島へようこそ
    夏のある日。東京S黄尾探偵団のメンバーは、所長・紀井津慈吾朗に呼び出され、とある場所に来ていた。彼らを待ち受けていたのは、慈吾朗の失敗を帳消しにするための宝探し。しかも、地図がないというオマケ付きで、あるのは意味不明の言い伝えと依頼主からの奇妙な忠告だ。結局、それらを解読できぬまま宝探しへと向かった一行だが……!? 表題作『宝島へようこそ』を含む4作品を収録。【目次】宝島へようこ...
  • 東京S黄尾探偵団 シンギング・バード
    早朝、五月は米国にいた頃の相棒(セイン・ウォーターグレイン)から電話を受け、共通の友人・シンシアが撃たれたと知らされる。そのことを知らない行衡は、朝早くに起きてきた五月に驚き、首を傾げた。しばらく相手をする彼だったが、義兄の様子がおかしいと気づく。珍しく深刻(シリアス)なのだ。しかし、話したければ話すだろうと、行衡は放っておくことにした。そこへ、緊急招集された探偵団のメンバ...
  • 東京S黄尾探偵団 奥様は魔女!?
    高校の保健室を根城にしている、われらがS黄尾探偵団。おやつタイムに発した五月の一言で、慈吾朗(じじい)を除くメンバーは合コンをすることに。年齢を理由に不参加にされた慈吾朗は、拗ねて立ち寄った店で謎の女に出会う。女は「年齢(なやみ)」を消してやろうと言うが…!? 同じ頃、世間では謎の変死事件が頻発していて…。小説でお馴染みのメンバーが、コミックでも大暴れ! 今度の事件は魔法対決!?...
  • 東京S黄尾探偵団 保健室とマシンガン
    学園内のサバイバル・チーム「ブラボー小隊」から演習(ゲーム)に誘われたS黄尾探偵団。フル装備で戦いに挑んだものの、突然警察が現われ演習は中止に。改造拳銃による発砲事件を知った彼らは調査に乗り出すが、訪れたモデルガン・ショップは花音の兄・洋佑のバイト先だった。そこで花音が探偵をしてること、さらには行衡とつきあってることが超シスコンの洋佑にバレてしまい、花音は軟禁状態に――!?
  • 東京S黄尾探偵団 嵐の歌を聴け
    花音の兄・洋佑の不始末をもみ消したS黄尾探偵団。しかし、行衡は事件が解決したとは思っていなかった。洋佑の、「原因はおまえたちじゃないのか?」という言葉と、その心当たりに彼は不安を募らせていたのだ。そこで行衡は、単独で調査することを決める。そんな中、花音に呼び出された彼はみさおとともに彼女を待っていた。だが、突然鳴り出した携帯電話を受けたみさおの様子が豹変して!?
  • 東京S黄尾探偵団 その女、凶暴につき
    昼時の保健室で行衡は、みさおがいつも以上に苛立っていることに気づく。だが、原因は花音でも知らないらしい。そこへ、千石重造という老人が激怒して乗り込んできた。慈吾朗の薦めたセキュリティが原因で、盗難に遭ったというのだ。しかも、システム自体が五月と花音の冗談をもとに組んだものだった。それを知った重造は、盗まれた品を取り戻すまでみさおを人質にすると言いだして…!?
  • 東京S黄尾探偵団 八月の雨
    八月、雨のシアトル。大学から、家族から、すべてから逃げ出して、五月はこの街に降り立った。孤独と不安におびえる彼の前に、突然現れた謎の老人……。五月と慈吾朗の運命的な出会いを描いた表題作をはじめ、ドタバタの年越し、バレンタインの悲劇、ニセモノ慈吾朗事件、行衡の放火魔疑惑(!?)など、マル秘エピソード大サービス。感動あり笑いあり衝撃ありのS黄尾特製短編集、一丁あがり! 【目次】八月の...
  • 東京S黄尾探偵団 Uの烙印
    仮設プレハブで営業中のS黄尾探偵団に、ある日突然、宿敵・良町優高から手紙が届いた。黒く縁どられたカードには、童謡「かごめかごめ」の歌詞。新たな挑戦かと緊張するメンバーのもとに、今度はある「遺体」を確認してほしいとの依頼が舞い込む。あろうことか殺されていたのは――。胸に押された「U」の刻印、指の先に残るダイイングメッセージ。降り積もる謎にいらだつ行衡たちだが……!?
  • 東京S黄尾探偵団 もっとも危険なゲーム
    「Uの烙印」事件のせいで留年し、この春「めでたく」六回目の四年生をむかえた善美。「卒業できなかったら結婚でも何でもしてやる」と切った啖呵があだとなり、母親の清美からは毎日「強制お見合い写真」が。容赦ない嫌がらせにパニクった善美は、娘のサナを連れて家出を図るが、激怒した母親はなんとS黄尾に追跡を依頼! 善美vsS黄尾、世にも恐ろしい「身内狩り」ゲームがはじまった――!?
  • 東京S黄尾探偵団 バカップルがいっぱい
    半年ぶりに保健室が復活した、夏のある日。まったりとくつろぐイエローテールだったが、早輝子が突然、長い休みをとるので保健室を閉めると言い出した。しかも目的は「感傷旅行」! 「「「まさか!? すわ!? 失恋!?」」」といぶかしみつつ、事件もとりたててないのをこれ幸いと、みんな思い思いに休日を過ごすが……。カップル七組+独り者約二名の織りなす、めくるめく愛のメモリー――(?)【目次】プロロ...
  • 東京S黄尾探偵団 雨の海に眠れ
    「助けて……」。ある日、兵悟とユサあてにかかってきた謎の電話。その声は、昔自殺してしまった親友「ゆうま」に酷似していた。まさか、その彼からのメッセージでは、彼はまだ俺たちのことを許していないのでは、と不安に陥るふたり。一方S黄尾は、行方不明の男の子の捜索を引き受けるが、兵悟だけはなぜか足どり重く、なにかを引きずったまま……。愛と野心と後悔が激しくクロスする!?
  • 東京S黄尾探偵団 S黄尾、解散!?
    空からアンゴルモア大王……じゃない、ニューヨークから3年「行ったっぱなし」だった行衡の母親、天野美津絵、降臨。突然黄尾高校保健室に現れて、ある依頼を告げた。「21年前のカレシ5人を捜せ」――! しぶしぶ捜査をすすめるうち、やがて自分の出生に疑問をもちはじめる行衡や進路に悩む花音だけでなく、メンバー全員の歯車が音を立てて軋みだす。それは、S黄尾崩壊への序曲……!?
  • 東京S黄尾探偵団 史上最大の作戦(前編)
    卒業まで3週間。解散騒ぎのあと気まずいままだったメンバー6人は、ある画家の回顧展に出かけるが、会場で慈吾朗と鉢合わせしてしまう。もう2ヵ月も保健室に現れなかったじじいの姿に、とまどう行衡たち……。ところが一枚の「イコン(聖母子像)」に慈吾朗が異常なまでに執着をしめし、突然とり乱した。これが、じじいの「捜し物」の鍵をにぎるのか!? S黄尾史上最難捜査、最終章の幕があく――!
  • 東京S黄尾探偵団 史上最大の作戦(後編)
    兵悟が、撃たれた。緊急事態におちいったメンバーだが、慈吾朗が30年間追い求めてきた妻子の行方をあきらめるわけにはいかない。すべての鍵をにぎる画家ハーノフの足跡を追うべく、スティラニからさらに「ある」国へ……。失われた過去はとりもどせるのか、そして全員無事卒業式に間に合うのか!? 愛と家族と探偵団のプライドをかけて。S黄尾最終局面(ファイナル)、今、カウントダウンの鐘が鳴り響く――!
  • 東京S黄尾探偵団 奥様は魔女!? リターンズ
    高校の保健室を根城に極悪非道ギャング風味まっしぐら、ご存じ「東京S黄尾探偵団」。やつらが、あの魔法バトルで再見参! 五月の一言からなぜか合コンをすることになったが、「じじい」な慈吾朗はメンバーからあぶれるハメに。ところが拗ねているうち出会った謎の女に「悩みを消してあげようか」ともちかけられる。その頃、巷では謎の変死事件が…!? 「幻の」原作小説、ついにお蔵出しだ! 【目次】奥様...
  • 【電子オリジナル】東京S黄尾探偵団 しましま日和
    S県立黄尾高校に入学直後、藍田花音と如月みさおの出会いを描いた『ダイヤモンドになろう』。商店街主催の祭りに現れる怪盗「ごめんなすって」の捕縛を依頼された探偵団が大活躍の『しましま日和』。21歳になった行衡からの電話で繋がっていく探偵団の面々の、卒業を描いた『ナイト・コール』。慈吾郎の思いつきで第一回同窓会として全員集合することになったS黄尾探偵団メンバーが、ヨーロッパの小国・...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています