サルたちの狂宴 (下) フェイスブック乱闘篇
  • 最新刊

サルたちの狂宴 (下) フェイスブック乱闘篇

作者名 :
通常価格 1,881円 (1,710円+税)
紙の本 [参考] 2,090円 (税込)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

自身のスタートアップをツイッター社に売却し、フェイスブック(FB)のプロダクトマネジャーとして入社したアントニオ。宿敵グーグル打倒に燃え、新規株式公開(IPO)に沸き立つFB社員たち。一方、彼が全力を注ぐウェブ広告の新規プロジェクト「FBX」は、社内を二分する論争の的になりつつあった――。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
早川書房
ページ数
312ページ
電子版発売日
2018年06月30日
紙の本の発売
2018年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

サルたちの狂宴 (下) フェイスブック乱闘篇 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月30日

    上下巻の話で、上巻は著者がゴールドマンサックスの金融業界から、シリコンバレーのIT業界への転身。
    さらにベンチャー立ち上げ。資本金の獲得からTwitter社に売却までを描く。
    Twitterへの売却は会社の身売りというよりも、会社ごとの吸収合併。
    著者もCEOな訳なので、当然にTwitter社に転籍...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年08月13日

    下巻はフェイスブックでの日々が中心

    モバイルの世界とウェブの世界はこと広告に対しては大きな差異があるそうだ。ウェブの場合はクッキープールを介して様々なパブリッシャーがユーザーがどのような行動をしているのか把握できるのに対し、モバイルの世界ではクッキーがアプリ毎に隔離されているため、ユーザーが他のア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

サルたちの狂宴 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています