本を遊ぶ 働くほど負ける時代の読書術

本を遊ぶ 働くほど負ける時代の読書術

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

AIやらビットコインやら、ついていけないと思っている方へ。本を読むことで十分間に合う。著者は中卒の「落ちこぼれ」。しかし年間5000冊読み次々と血肉にすることで自分の可能性を広げてきた。伝説書評ブロガー、魂の読書法。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2018年06月22日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

本を遊ぶ 働くほど負ける時代の読書術 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月07日

    仕事やライフを遊びのような感覚で取り組んで自分のものにしていきたい、と考えて「遊び」というワードで検索して出会った本。そのような内容とは少し違ったが、つまらないと思えるものも含めて多くの本を読むことが教養を深めたり閃きのベースになるものを蓄えたりするうえで有効だということがよくわかった。理系の人の考...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月29日

    本を遊ぶ、というタイトルが腹落ちする本。
    著者の本との付き合いの深さ、長さ、量からくる経験談と偏見が楽しい。

    本との出会いは、人との出会いと同じ。
    読むだけでなく、対話する。

    対話はアウトプットにも繋がる。

    古典の良さも出てくる。
    古いのに、生き残ってきた力強さがあって、古く感じない、とある。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月24日

    読書法について書かれた本が好きで何冊か読んでいるが、私が読書の達人から知りたいのは、大量に読む技術や速読術ではない。その人が本から何を得ているのかを知りたい。
    著作が言うには『本を読むことで身につく力は、データを自分で収集し、考え、どの本にも書かれていない情報を自分が構築できる力』である。
    1冊の本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月10日

    本をたくさん読むにはどうしたら良いのだろうか?と悩んでいたときに出会った一冊。作者は、命令形で〜しなさい、するべき、という言葉をひとつも言わなかった。「読書感想文は100年早い」など、気になった目次があれば、普段本を読まないひと・読書する習慣が身についているひとどちらにも読んでみてほしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月30日

    読書に対する向き合い方について述べている本。
    何のために本を読むのか、読書のメリットは何か。どんな本を読むか。「読書は今の自分を映す鏡」。「偏らずにいろんな本を読んでみよう」…。

    書かれている内容と比べて、今の自分の読書生活はどうか。それを見直せる機会を得られた1冊。
    色んな本をもっと読んで、1つ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月29日

    著者の読書量は既に広く知られていますが、この本からも著者の読書愛が感じられました。普段本を読まない人もたくさん読む人も、どのように本と向き合っていくか、どのように読むべきかを考えさせられる内容です。本は読むだけではなく考えること...とこの本の中でも述べられている通り、この本を読んで本との向き合い方...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月19日

    久しぶり小飼作品。早食いならぬ早読み、羨ましいです。速読術的なものは正直興味ないんだけど、内容も咀嚼しながらの早読みなら歓迎。義務教育は、あくまで”義務”だから、嫌だからとか通学しなくても分かるから、とかの理由で拒否する権利はない訳だけど、高校以降、独学で出来るなら素晴らしいし、それはそれでアリなの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月03日

    ・本を読んだら自分を読む
    (自分は何が分かっていて、何が分かっていないか、など)
    ・本を読んだら「考える」

    ・いろんなジャンルの本を幅広く読む

    ・伝記を読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月28日

    年間5千冊の本を読むという著者が説く、「本を読むとは」。
    何をするにも己が主体であるという認識を持つことの大切さ、本を読みどう活かすかが述べられている。
    小飼氏、好き嫌いのハッキリしている人ですね。何をするにも自分で選んでいるから、人生に肯定感が持てるのだろう。
    読んだ本をアウトプットすること、やっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月30日

    本代にはケチらない。
    なぜなら、その何倍にもなって返ってくるから。
    人は知に集まる。
    差異に面白い味がある。

    働く時間があるならば、勉強しよう。
    読書をしよう。自分を磨こう。

    8時間は働きすぎで2時間で良いというのは、その通りだ。
    実際2時間になると勉強する時間がたっぷりできる。
    もちろん生産性...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています