できる人は必ず持っている一流の気くばり力

できる人は必ず持っている一流の気くばり力

作者名 :
通常価格 1,512円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「ちょっとしたこと」が、「圧倒的な差」になっていく。評価も、人望も、お金も引き寄せる、“仕事に効く”気くばりの秘訣!◆そのとき、求められていることの「一歩先」を読んで動く◆お礼こそ、「即・送信」◆相手の「立場」から、「感情」を想像する◆「冷静」と「情熱」のバランスをとる◆トラブルの解決では、両者のメンツをふまえる◆相手の気持ちを上げたいときは、話を「ちょっと盛る」◆手柄を人に譲り、「花を持たせる」ことも惜しまない仕事も人生もうまくいく秘訣は、つまるところ……人と人との間の“見えない空気”を、気持ちのよいものにすること。相手のことを考えた「気くばり」が、自分自身に大きなメリットを連れて帰ってくる、そんな実践法があるのです。 安田正――シリーズ累計64万部突破『超一流の雑談力』著者、最新作!

ジャンル
出版社
三笠書房
ページ数
272ページ
電子版発売日
2018年06月08日
紙の本の発売
2018年05月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年12月02日

まさに自分に欠けているところをずばりと指摘した本であった。全ての仕事は気配りに始まり気配りに終わるといっても過言ではない、これこそが全ての仕事の源泉なのだ。本当に良書だと思う。俯瞰する、共感する、論理を通す、サービス精神を持つ、尊重するの中でサービス精神が最も不足していた。仕事は能動的にせよ、目に見...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月12日

一流というか、この本に書かれてることができればどこでもやっていける。どこでも必要とされる力。言い方ひとつで相手の受け取り方も違うことが改めてわかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月04日

人に指示するときも、依頼する。
きくばりは意識的に「言葉」に出す。
五感に訴えると良い。「寒くないですか」「痛かったでしょう」とか。
感情移入をいきなりするのは難しい。相手の感情より、相手の立場を理解しようとすれば、感情は分かる。
相手の名前を意識して呼ぶ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月09日

デキる人は気配りが出来る。
気配りをするための着眼点を順に解説している。

気配りを五つの要素に分けているので、
それぞれの要素ごとに変えていけるし
チェックリストにもなるし
とても使いやすいと思う。

ノウハウ的なところもあるが、
見た目や考え方にも踏み込んでいるので、
単なるスキルの本ではない、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月05日

社会でうまくやっていくには他人の協力が必要不可欠であり、そのためにもどう相手に伝えるか、接するかは大事だと思う。
そのために大切な気配りについて解説してくれている。基本的な内容がわかりやすく書いてあり、読みやすかった。新鮮さはなかったが、振り返るにはいい本であった。
参考にして頑張っていきたい。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています