一流役員が実践している仕事の哲学

一流役員が実践している仕事の哲学

作者名 :
通常価格 970円 (882円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

今、会社のトップにいるような人たちは、どんな哲学を持ち、どんな仕事をしているのでしょうか?
本書では、大手から中小企業まで一般社員55万人、1000人の部長以上の役職者(専務、常務、社長など)を相手にビジネスを行ってきたコンサルタントが、実際の研修やアンケートを通して発見した「課長で終わってしまう人」「部長になれる人」「取締になれる人」の特徴や習慣について述べていきます。たとえば、「晩酌の時、平社員はビール。部長は日本酒。役員は焼酎」のように、役員以上なら誰もがやっている「事実」があり、そしてなぜそうするのか?詳しい「理由」も書かれています。社会人はもちろん、意外にも学生からの前評判がとても高い本です。

ジャンル
出版社
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
ページ数
176ページ
電子版発売日
2013年01月29日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

Posted by ブクログ 2019年01月12日

一度は一流とか役員とかを人生の中で体験してみたく、そういう人達の世界とはどういうものなのか知りたくなった。
そうせざるを得ないこと、断固としてそうしていること、きちんと将来を見据えた積み重ねを堅実に行っていることが理解できた。
できることから取り入れていきたいと思う。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「ビジネス・経済」ランキング

「一流役員が実践している仕事の哲学」に関連する特集・キャンペーン