「民族」で読み解く世界史教養として知っておきたい

「民族」で読み解く世界史教養として知っておきたい

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

人類のダイナミズムを描く新しい世界史!

アメリカにおける白人至上主義者と反対派の衝突、中東諸国を揺るがすクルド人問題、ロヒンギャ族難民をめぐる宗教対立……。
いま世界中で起こっている紛争や対立の多くは、「民族問題」に根ざしています。

そして、かつて人類が経験した戦争や動乱もまた、その多くが「民族問題」と無関係ではありませんでした。世界史とは、さまざまな民族が経験した衝突と融合の軌跡です。

本書は、世界の歴史を人種や血統、そして民族という視点から見つめ直すことで人類のダイナミズムを描く、新しい世界史です。年代を追うだけの味気ない世界史ではわからなかった、人類の本質が浮かび上がってきます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
日本実業出版社
ページ数
312ページ
電子版発売日
2018年05月25日
紙の本の発売
2018年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

「民族」で読み解く世界史教養として知っておきたい のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年01月20日

    世界各地の民族の歴史を網羅する一冊。
    読み物としても教養書としても面白い。
    繁栄する民族は、指導者が宗教や理念で大衆の心を掴み、一枚岩になっていることがわかる。
    歴史は繰り返すということがわかる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月08日

    帝国主義的な社会の仕組みが今の主流なので、それを作り上げた民族(?)が優位になってしまっているど、そんなことは無く、それぞれに築いてきた歴史がある。ある程度の知識量が無いと世界全体の時代の動きっていうのは分からないものだなあと、改めて思う。日本の歴史は世界の動きの中にあったのだとワクワクして読んだ。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月12日

    血統や血脈をベースに言語、文化、慣習等を同じくする「民族」がその誕生から現在までいかに勃興し、衰退していったかを膨大な知識で解説した本。著者の知識量に脱帽&感服。ロヒンギャ問題、クルド族問題、中東問題等々、現在の民族問題についてもその根本から解説してくれている。
    本書を読んでいると、結局、民族ベース...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月29日

    #本 #民族で読み解く世界史
    教科書で知ってはいても、改めて昔の勢力図が今と違ったり、その名残が今にあったり、というのを知ることが出来て面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月09日

    世界史を勉強してる人には読んでもらいたい一冊。歴史を一通り勉強した上で、この本を読むと一層理解が深まると思う。繰り返し読んで理解を深めたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月01日

    民族という視点から世界史の流れを見ていくので、それぞれの地域の人々のルーツなどが分かって興味深かった。
    人類の移動が、民族というものを形作ったのだと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月02日

    高校1年生の時の必修科目であった世界史なんですが、日本を含めた東アジア他、東南アジア、中央アジア、中東、アフリカ、ヨーロッパ、南北アメリカ等の民族史について書かれており、中華思想、黒人奴隷、ナチズム、ロヒンギャ問題等についてもそれら問題の原因となった思想的根拠についても知る事が出来ます。凄く判り易く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月25日

    民族の歴史と追う視点で、世界史を振り返る。読み始めると歴史ではなく、当たり前だが現代にまで続く話であることがわかる。

    人種差別の歴史、ユダヤ人の迫害、などなど歴史から紐解けることがたくさんある。ここ最近、人類学の本にハマったため読み倒していく。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月07日

    語族とインターネット文化の関係に興味があるので、この本も面白く読みました。歴史の本だけど堅苦しくなく、カジュアルに読める。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月11日

    塾の世界史の先生が書いている本なので、わかりやすかった。自分が今まで知っていると思っていたことが違っていたということも発見できた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています