次回作にご期待下さい

次回作にご期待下さい

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

眞坂崇(まさかたかし)は、漫画専門の出版社で仕事に追われる、
月刊漫画誌の若き編集長。
落とし物をきっかけに、ビルの夜間警備員、夏目と知り合った彼は、奇妙な既視感を抱く。
そんなある日、眞坂は偶然遭遇した火事で、建物に飛び込み、古い漫画雑誌を手に戻ってきた夏目を目撃する。
不思議に思い、同期の天才変人編集者・蒔田と共に調べ始め、
夏目がかつての人気漫画家だと気づくが……。

「漫画バカ」の編集者たちと、漫画に命をかける漫画家たち。
大変だけど夢だらけの日常のお仕事に潜む謎を、
苦労性の編集長、眞坂と、トンデモ天才漫画編集者、蒔田が解き明かす。
全ての漫画好き、本好きに捧げたい、「お仕事って悪くない」と思える物語。

愛すべき「漫画バカ」達の、慌ただしくも懸命な日々と謎を描くお仕事小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2018年04月25日
紙の本の発売
2018年04月
サイズ(目安)
1MB

次回作にご期待下さい のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年09月27日

    漫画家と編集者の仕事内容や苦悩が、よく伝わってきました。ユーモアも満載で、読んでいる時間がとても楽しかった。今日、竹内結子さんの訃報を聞きました。この本からも、人とのかかわり命の大切さを感じました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月31日

    間坂くんの一生懸命さ、がむしゃらさもいいけど、やっぱり蒔田派! 普段はダメだけど編集者としては天才、好き勝手やってるようで一番大事なところは押さえてる…間坂くんじゃなくとも、ずるいと言いたくなるよなあ…。

    最後の一番いいところは、ちゃんと編集長間坂くんに委ねられているのが、蒔田派にはちょっともどか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月24日

    漫画編集部の世界がリアルかつコミカルに描かれていて、面白かった。主要キャラクターもよく、また次回作に期待!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月26日

    眞坂は月刊漫画雑誌の編集長。ただでさえ多忙なのに、偏屈な漫画家や問題児の編集者に振り回される日々。表題作「次回作にご期待下さい」、盗作騒動の顛末を描く「遺言執行人CRY」の2編を収録。
    謎解き要素もあるお仕事小説。著者のデビュー作だそうですが、それを感じさせないほど読みやすくわかりやすかったです。胸...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月13日

    漫画雑誌編集者のお仕事小説。漫画家にとってこのタイトルにそんな深い意味があるとは知らなかった。ライトなようで、意外と読むのに時間がかかった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年06月21日

    漫画家や編集者の創作にかける思いを、日常ミステリーにからめながら見事に描いた作品だと思う。
    読後、タイトルの意味が胸に響いた。

    このレビューは参考になりましたか?

次回作にご期待下さい のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 次回作にご期待下さい
    660円(税込)
    眞坂崇(まさかたかし)は、漫画専門の出版社で仕事に追われる、 月刊漫画誌の若き編集長。 落とし物をきっかけに、ビルの夜間警備員、夏目と知り合った彼は、奇妙な既視感を抱く。 そんなある日、眞坂は偶然遭遇した火事で、建物に飛び込み、古い漫画雑誌を手に戻ってきた夏目を目撃する。 不思議に思い、同期の天才変人編集者・蒔田と共に調べ始め、 夏目がかつての人気漫画家だと気づくが……。 「漫画バカ」の編集者たちと、漫画に命をかける漫画家たち。 大変だけど夢だらけの日常のお仕事に潜む謎を、 苦労性の編集長、眞坂と、トンデモ天才漫画編集者、蒔田が解き明かす。 全ての漫画好き、本好きに捧げたい、「お仕事って悪くない」と思える物語。 愛すべき「漫画バカ」達の、慌ただしくも懸命な日々と謎を描くお仕事小説。
  • 次回作にご期待下さい 2
    漫画誌「月刊ゼロ」の若き編集長、眞坂崇が受けた、謎の電話。「『ハルモニア』が実写映画化って本当ですか?」 それは敏腕編集者、蒔田が担当する「ゼロ」の看板作家の、とうに絶版になった作品で……。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています