民族と国家

民族と国家

作者名 :
通常価格 1,527円 (1,389円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

7pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【カドカワ祭ゴールデン2021 開催中!】マンガ・書籍6,000冊以上が最大50%OFF!期間限定・1巻無料作品も多数配信中★

作品内容

今世紀最大の火種を解き明かす
二十一世紀最大の火種となる「民族問題」。イスラム研究の第一人者が二十世紀までの紛争を総ざらえ。新時代を生きる現代人の必読書。解説・佐藤優

【目次】
第一章 イメージとしての民族と国家 ―レコンキスタから冷戦終結まで―
 1 湾岸戦争とボスニア=ヘルツェゴヴィナ内戦
 2 神話・象徴複合としての民族
 3 二つのナショナリズム
第二章 イスラム史のなかの民族 ―ムスリムと啓典の民―
 1 イスラムにおける民族の系譜
 2 レンズを通して見た非イスラム世界
 3 ムスリム・キリスト教徒・ユダヤ教徒
 4 中東とヨーロッパのキリスト教
第三章 パクス・オットマニカ ―ミッレト制による「諸民族の平和」―
 1 オスマン帝国とアラブ独立王朝
 2 ボスニア=ヘルツェゴヴィナのイスラム化
 3 イスラム国家とヨーロッパ
 4 多民族と平和共存
第四章 愛国心か、ナショナリズムか ―ムスリムの見た外国と異民族―
 1 ヨーロッパの中のイスラム
 2 国名のない国家
 3 フランス革命とオスマン帝国
第五章 ムハンマド対マルクス ―資本主義・労働運動・民族問題―
 1 クウェートとサウジアラビアの原型
 2 「アラブ国家」か、エジプト国家か
 3 民族問題と経済問題
 4 民族モザイクの変容
 5 バルカンの労働運動とアナトリアのアルメニア問題
第六章 「高貴な民」の目覚め ―アラブ人とトルコ人―
 1 ミッレトから民族へ
 2 「高貴な民」としてのアラブ
 3 イスラムから生まれたアラブ意識
 4 預言者の正系とアラビアのロレンス
 5 中央集権化 対 地方分権化
第七章 イスラム帝国の終演 ―国民国家に向かって―
 1 植民地分割か、国民国家の成立か
 2 エジプト・ナショナリズムの開花
 3 ムスリムからつくられたトルコ人
 4 イスラムと複合アイデンティティ
 5 ユーゴスラヴィアの「ムスリム人」
終章 民族と国家のリアリズム ―構想と神話―
補論 新しい中東の分割と断層線 ―「境界の破枠」と新バルフォア宣言―
解説 佐藤優

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2018年04月10日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
18MB

民族と国家 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています