COPY 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子
  • 値引き

COPY 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

作者名 :
値引き価格 492円 (448円+税) 10月8日まで
通常価格 704円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

鑑識官・三木と恋人の麗華の結婚を祝うのも束の間、比奈子ら「猟奇犯罪捜査班」の面々に事件の知らせが入った。
心臓がえぐりだされた2遺体が八王子の廃ビルで発見されたのだ。
実は、一昨日も同様に心臓がくり抜かれた成人男性3人の遺体が日本橋で見つかっており、「死神女史」こと石上妙子教授が検死を担当していた。
その現場は、被害者の血痕で奇妙な「魔法円」が描かれていたという。
比奈子は、12年前そして30年前に同じような事件が起こっていたことを聞かされる。それらは未解決事件であった。
過去の事件の犯人が再び活動を開始したのだろうか? 
そして、国際犯罪組織から狙われている中島保が身を隠しているセンターでは少年・永久がある発見をしていた……。

現代社会の闇が猟奇的殺人と共鳴する、新しいタイプのヒロインが大活躍の警察小説、第9弾! いよいよクライマックスへ!

===
【電子版特別付録】次巻『BURN(バーン)』プロローグ原稿

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ホラー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2018年02月24日
紙の本の発売
2018年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

COPY 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 のユーザーレビュー

    購入済み

    物語も佳境

    みか 2020年09月15日

    一気読みしました。ここまで読み続けて、物語も佳境な感じ。読み終わるのがもったいないけど、早く先も知りたくて複雑です。それにしても毎回事件の描写がエグいなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月21日

    まだまだ犯人が捕まるということには至ってないけど
    比奈子と永久くん
    周りの人と関わりが楽しくて一気に読める。
    続編が楽しみ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月20日

    普通では及びもつかないような悪意と狂気が描かれていることに、思わず戦慄してしまう。
    本書のタイトルとなった『copy』、読むうちにこの意味に気付いた時、えも言われぬ気色悪さがこみ上げる。特に永遠君のエピソードでそれを思ったのだけど、もしもそれが自分の身に起こった事だったらと思うと…たまらない。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月22日

    猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子シリーズ、9作目。

    いよいよシリーズも終盤になってきたか、ということで、ここに来てこれまでの事件がいろいろ複雑に絡まり合い、シリーズを通して読まないと何のこっちゃか分からない展開になっています。しかも、これまでの事件いづれにも、実は裏に黒幕組織が控えていたという、、、。大...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月18日

    今年12冊目。クライマックスが近いということでイッキに読んでしまおうかと。事件は凄惨極まりないし、不穏な空気が漂い過ぎていて読み終えるのが怖かったけど、まだ滑走路という感じ。クライマックスが怖すぎる(楽しみすぎる)…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月15日

    個人的には今までの事件の中で一番猟奇的…。
    だから余計に三木と麗華の結婚式話に感動してしまうかも。2人の人の良さが際立つ内容。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月21日

    巨大な組織との戦いが始まることは予想できたけれど、だんだん魔の手が比奈子たちに迫ってくる…。不気味さを感じさせる物語だった。
    比奈子たちは誰も欠けずに最後を迎えることが出来るんだろうか…。心配…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月28日

    鑑識官・三木と麗華の結婚式も束の間、比奈子らに事件に知らせが入った。心臓が刳り抜かれた2遺体が八王子の廃ビルで見つかったのだ。一昨日も日本橋で同様の3遺体が発見され、現場には血痕で「魔法円」で描かれていた。12年前と30年前の未解決事件との類似を聞かされる比奈子。同じ犯人が再び活動しているのか?そし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月30日

    今回は、完璧シリーズものの途中って感じでした。
    帯に、次巻の「BURN」で、本編完結ってなってますが、完結するのか?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月13日

    前作の「MIX」で、東海林が本庁捜査一課へ異動になり、その後釜として入ってきたのが、あの御子柴だとは…とガッカリしたのだが、この作品でも相変わらず浮いている。

    この作品は、事件が多発し、さらに過去の事件が絡んで
    きたりして、ますます複雑怪奇に、そしてクライマックスに近づいてきているのに、御子柴の言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

COPY 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 に関連する特集・キャンペーン