タイムスリップオタガール(5)
  • 9/15入荷

タイムスリップオタガール(5)

作者名 :
通常価格 583円 (税込)
獲得ポイント

2pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

全力でオタクを生きる女子・城之内はとこ(30)は、コミュケの帰り道に同人誌と共に電車に轢かれ、ひょんなことから1996年にタイムスリップ!! ココロは三十路、カラダは中二のはとこが、再び体験する平成の夏休み。宿題をして投稿マンガ描いて友だちとコピー本作って……いる途中、突然のエマージェンシー! 友だち同士がはとこを挟んでガチ対立!! ケンカ、ヨクナイ。平和にいこうぜ~~!! 1996年に跳んだオタク女子のタイムスリップ・レジェンド!!

ジャンル
出版社
フレックスコミックス
掲載誌・レーベル
COMICポラリス
電子版発売日
2019年09月15日
コンテンツ形式
EPUB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

本作の主人公は、30歳のガチオタフリーター・はとこ。
ひょんなことから中学時代にタイムスリップしたはとこが、当時思い描いていた「マンガ家になる」という夢にチャレンジしていく物語です。

ガチオタフリーターにとって、中学時代は至福!
なぜなら、
・働かなくても生きていける!(なぜなら義務教育中の中学生だから)
・時間はたっぷり!(なぜなら働かなくていいから)
・健康な体!(なぜなら中学生だから)
・健全な精神!(なぜなら中学生だから)

どこまでもポジティブなはとこは、30歳の経験・知識・感性・画力を駆使して、逞しく、楽しく、日々を過ごします。
好きなことにとことん一直線!
現実も妄想も全部が糧!
はとこの「好き」のエネルギーがとにかく高い!!!

友人関係も、家族関係も、勉強も、当時は大切だったことに気付けなかったからこそ大事にしようと思うようになったり、自分の夢を叶えようと努力したり、戻らないものを再び手に入れられるはとこがちょっぴり羨ましく思います。
当時のオタク文化を懐かしく思いつつ、自分がタイムスリップしたとしたらどうすごすのかを妄想しつつ、はとこのチャレンジを応援したい作品です!

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • タイムスリップオタガール(1)
    全力でオタクを生きる女子・城之内はとこ(30)。コミュケの帰り道、同人誌と共に電車に轢かれた彼女は不思議なタイムリープに巻き込まれる。その後、なんやかんやあった末にはとこが行き着いたのは……1996年!? アラサーから圧倒的共感の嵐! 30歳からはじまる<オタク人生やり直し>ストーリー!
  • タイムスリップオタガール(2)
    全力でオタクを生きる女子・城之内はとこ(30)は、コミュケの帰り道に同人誌と共に電車に轢かれ、その後、なんやかんやあって1996年にタイムスリップする!! 13歳の生活をエンジョイするはとこだが、母からオタクにとって死にも等しい[漫画禁止令]をつきつけられ……!?
  • タイムスリップオタガール(3)
    全力でオタクを生きる女子・城之内はとこ(30)。はとこは、コミュケの帰り道に同人誌と共に電車に轢かれ、その後なんやかんやあって1996年にタイムスリップする!! 13歳の姿になり中学生活をエンジョイするはとこだが、クラスメイト・長谷川の投げたマンガノートを追って、学校の窓から飛び出してしまい…!? 『このマンガがすごい!2018』(宝島社)オンナ編5位ランクイン作品!
  • タイムスリップオタガール(4)
    全力でオタクを生きるアラサー女子・城之内はとこは、コミュケの帰り道に電車に轢かれ、なんやかんやあって1996年へタイムスリップする!! 1996年で、中学2年生の身体に戻ったはとこ(中学生身体軽~い! スッと立てる!!)。働かなくていい学生生活をエンジョイするはとこだったが、ある日、先生に自分の性癖を聞かれてしまい……!? 「私、男の子のハダカを描くの、すごい好き!!」どうする、はとこ!? 読むと...
  • タイムスリップオタガール(5)
    9/15入荷
    全力でオタクを生きる女子・城之内はとこ(30)は、コミュケの帰り道に同人誌と共に電車に轢かれ、ひょんなことから1996年にタイムスリップ!! ココロは三十路、カラダは中二のはとこが、再び体験する平成の夏休み。宿題をして投稿マンガ描いて友だちとコピー本作って……いる途中、突然のエマージェンシー! 友だち同士がはとこを挟んでガチ対立!! ケンカ、ヨクナイ。平和にいこうぜ~~!! 1996年に跳んだオタ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています