アルバトロス・ビュー No.780

アルバトロス・ビュー No.780

作者名 :
通常価格 611円 (556円+税)
獲得ポイント

3pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※電子書籍版には、表紙画像や中吊り画像に掲載されている一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または一部の画像が修正されている場合がありますので、内容をご確認の上、お楽しみください。

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【特集企画】
〈女子プロがお手本!〉
ヒザを使うともっと飛ぶ

そこまで振っているようには見えないのに、女子プロたちは安定して250ヤード飛ばしてくる。
体力の差はそこまでないはずなのに、これってなぜ?答えはずばり“ヒザの使い方”。
効率よくヘッドを走らせて、体格以上に飛ばす秘密を探った。
【特集企画】
〈“疲れ”だけじゃないみたい〉
上がり3ホールの大叩きには前兆があった!

いい調子でラウンドしていたのに上がり3ホールで突如ショットが崩れ、終わってみればいつもと同じ……。
体力がないからと諦めてませんか?
誰にでもある悪い前兆を見逃さずに対処すれば、鬼門もスンナリ乗り切れます!
【特別企画】
〈ゴルフも仕事も右肩上がり〉
メンタル“見える化”大作戦

ミスを引きずってしまい、どんどん泥沼にはまっていく……。
そんな人のために、ゴルフも仕事も右肩上がりになれる性格タイプ別のメンタル術を紹介。
ゴルファーの性格を4タイプに分類して、重圧や緊張に負けないそれぞれの心の整え方をお届けするぞ。
【銀のアルバ】
〈〈最新〉飛んで曲がらない〉
ドライバーカタログ

この秋ドライバーは、タイトリストの「TS1」やブリヂストンの「JGR」など、
人気シリーズの新モデルが続々登場。
そこで、秋モデルはどう進化し、どんな人に合うのかを徹底検証した。
【好評連載】
〈新・ギア総研〉
スコアが出るアイアンって何?

アイアンとは本来、“スコアメイク”のためのクラブ。
飛ぶことも大事だが、タテにも、ヨコにもブレない目標を“点で狙う”性能が必要不可欠。
そこで、ミスしてもグリーンに乗るという噂のタイトリストTシリーズの実力を検証してみた。

ジャンル
出版社
ALBA
電子版発売日
2019年09月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
148MB

新刊オート購入

ユーザーレビュー

レビューがありません。

※予約作品はカートに入りません

1~10件目 / 113件
  • アルバトロス・ビュー No.782
    NEW
    ◎「8ビートスイングに挑戦しよう」 日本でよく歌われる童謡は4拍子(4ビート)のゆったりとしたリズムが多い。 一方、ロックなどの音楽は8ビートが多く、4ビートの倍のリズムを刻んでいる。 4ビートの4つのタイミングではできなかったタメの動きが、8ビートならできるようになるのだ。 ◎「ラウンド中の雑談力」 初対面の人とプレーするときに必要なのは、腕前ではなくトーク術。 話が弾めば、場も盛り上...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • アルバトロス・ビュー No.781
    ◎「ラフのアプローチは芝読みが9割。」 長く生い茂ったラフからのアプローチはなかなか寄らない…。 百戦錬磨のトップアマにこの疑問をぶつけてみると、“ライの判断が寄らない最大の原因”。 今回の特集ではライの判断方法や、ライ別の打ち方を紹介しています! ◎「気持ちよ~く打つためのパターネック学」 さまざまな形状があるパターですが、何となく構えてみると、しっくりくるものとそうでないものが...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • アルバトロス・ビュー No.780
    【特集企画】 〈女子プロがお手本!〉 ヒザを使うともっと飛ぶ そこまで振っているようには見えないのに、女子プロたちは安定して250ヤード飛ばしてくる。 体力の差はそこまでないはずなのに、これってなぜ?答えはずばり“ヒザの使い方”。 効率よくヘッドを走らせて、体格以上に飛ばす秘密を探った。 【特集企画】 〈“疲れ”だけじゃないみたい〉 上がり3ホールの大叩きには前兆があった! いい調子でラウ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • アルバトロス・ビュー No.779
    【特集企画】 〈「いい音だね」って言われたい〉 ビシッと芯喰いアイアン アイアンでボールが上がらない、飛ばない原因はダウンブローに打っているからだった!? 上から打ち込んでいるのに、ダフったりトップしたり。地面をドフッと叩いて“いい音”で打てない。 そもそも、“いい音”ってどんな音?どうやったら芯を喰って飛距離が出るのだろう? しっかりアイアンを練習して秋のトップシーズンに備えよう。 ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • アルバトロス・ビュー No.778
    【特集企画】 〈マグレの1発はなぜ出たのか?〉 「今日イチ」ショットが毎回打ちたい! ラウンドをしていると、不意に奇跡的なナイスショットが飛び出すことがある。 いわゆる『今日イチ』ショットだ。気持ちよく振り切れて、しかも飛距離も方向性もバッチリ。 そんな1度きりのマグレを、毎ホール打ち続ける方法はないか探った。 【特集企画】 〈プロみたいに砂をうすく削って〉 バンカーからギュギュッと...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • アルバトロス・ビュー No.777
    【特集企画】 〈平均スコア90前後。ハンデ12~15で伸び悩んでいませんか?〉 シングル入りへの実録ヒント集 80台前半も出るが、たまに100を打つこともある平均90前後で伸び悩んでいるゴルファーは多い。 しかし、そんな中級者をシングルプレーヤーにしてくれるスクールはどこにもない。 そこで、社会人になってからシングル入りした“努力の人”をズバリ直撃。 どうやって“シングルの壁”を突き破ったんです...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • アルバトロス・ビュー No.776
    【特集企画】 〈マネジメント力の“差”が如実に表れる〉 PAR3で絶対にパーを獲る 読者のみなさん、『パー3』についてどのような印象を持っていますか? “1回ショットに成功すればパーが獲れるし、簡単じゃない?”と考える人もいるでしょう。 でも、実際はプロや上級者ほど、『パー3』を警戒し、安全にパーを獲る戦略を考えています。 確実にパーを奪える“考え方”を知れば、間違いなくスコアアップすること...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • アルバトロス・ビュー No.775
    【特集企画】 〈「軸」を捨てたら〉 スライスが直った! ゴルフを始めたときからずっとスライスで悩んでいる人は多い。 ドライバーはどんどん進化しているのに、なぜスライスが直らないのか? 読者にアンケートを行ったところ、ほぼ全員が「スイングに軸は必要」 と答えたがその約7割はスライスが出やすいことがわかった。 なぜ軸の意識があるとスライスするのか?どうすれば直るのか?解明していこう。 ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • アルバトロス・ビュー No.774
    【特集企画】 〈プロ・アマみんなで格付けチェック!〉 上手くなるドリル 下手にするドリル 黙々と球を打ち続け、ようやくつかんだ好感触。 しかし、ちょっとクラブを握らないと忘れてしまい、 次の練習はその感覚を思い出す作業であっという間に終了……。 そんなことを繰り返していては、現状維持が精一杯で、上達は望めない。 効率を上げて最速で上達するため、活用すべきはスイングドリル。 プロもやっ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • アルバトロス・ビュー No.773
    【特集企画】 〈スイングは二択です〉 “うで”で打ち込むか“あし”で押し込むか 楽天の岸孝之やソフトバンクの千賀滉大といった球界を代表する投手に 効率の良い体の使い方をアドバイスしているスポーツトレーナーの鴻江寿治先生。 その考え方の軸となるのは、人間のカラダを“うで体”と“あし体”の2種類のタイプに分ける考え方だ。 野球で確立された『鴻江理論』はゴルフでも応用可能なのか? 6人のゴルファ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています