日本が世界一「貧しい」国である件について
  • 完結

日本が世界一「貧しい」国である件について

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ロンドン在住、元国連職員の著者が見た「日本は世界でかわいそうな国だと思われている」という現実。若者の自殺、「社畜」的働き方、「人付き合い地獄」の社会、「みんなで不幸になろう」という足の引っ張り合い、グローバル人材なんて育つはずもないおかしな教育、何でも人任せで自分で考えない「クレクレ詐欺」。空気を読み過ぎて「セルフ洗脳」に陥る日本人たちの「貧しさ」を、世界の現実と対比させながら問いかける。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
祥伝社
ページ数
301ページ
電子版発売日
2014年02月07日
紙の本の発売
2013年03月
サイズ(目安)
3MB

日本が世界一「貧しい」国である件について のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2013年05月04日

    群れること大嫌い、自分の意見ははっきり言わないと気が済まない。
    そんな性格の自分に嫌気がさすときもあったけど、そのままでいていいんだと思えた。すごく救われた。

    0

    Posted by ブクログ 2013年04月27日

    その通りだと思う。今の若者もそれに気づき始め、日本に違和感を持っているのではないでしょうか?空気を読めない者は叩かれ、同じ価値観に迎合する者が受け入れられる。世界基準で見れば異様な事であり、そんなつまらない事で人生を左右されるなんて、感受性の強い人ならこの日本の現状に辟易しているのでは?と思います。...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2015年12月25日

    余り知らなかったが、ツイッターなどで色々発信している人の本。タイトルにつられて読みました。
    基本的には海外で働いている作者は、海外から見た日本の文化、職業環境など、”日本人が正常”と思っているようなことが狂っている、という軸で書かれています。ただ「今の日本人は、海外からみたらおかしい」という発言をそ...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2014年02月25日

    面白かった〜痛快!でも言ってることはいちいち至極真っ当なことだと思う。日本てほんと情けない国だわもう嫌だと思うけど、この本読んで、それだって別に周りのことなんて気にせず自分がいいように生きて行けば日本でだって楽しく暮らしていけるはずだわと気を取り直した。でも心配事が一つ。私はフリーの英日翻訳者だけど...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2013年10月25日

    うーん。日本がヤバめだと思って、長年移住を検討しているのだけれど、候補の国がこの本を読んで少し固まってきたかも。
    私が移住を考え始めたのは、白泉社から『シニカル・ヒステリーアワー』等を出している久保キリコさんが、イギリスに本拠地を移していたと知ってからである。最初は意味不明だった。だって、どうして日...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2013年10月05日

    他の本と併読してたおかげで、結局五ヶ月近くかかってしまったけれど、最後は一気に読みました。
    外国に住み働いてるからこそ、見えて来る日本の姿のオカシサを小気味良く書かれていて、面白く読めました。
    もちろん、独断的な部分に感じる箇所もあって、それについては「いろいろある見解の一つ」というスタンスで受け取...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2013年09月21日

    日本が好きで凄い国だど思っていましたが、納得できる内容でした。
    憐れまれてるかは疑問ですが。
    確かに、日本は恵まれてるケド、貧しい国かも。。。

    0

    Posted by ブクログ 2013年09月16日

    海外在住歴の長い筆者から見た日本について一応は客観的に書かれているようだ。日本がすべてではない、と考えさせられるとてもいい自己啓発本であった。しかし最初にこの本を手にとった時、ちきりんの著書かと思うくらい表紙が似ていて驚いた。

    0

    Posted by ブクログ 2013年06月17日

    著者は、国外でバリパリ仕事をしている方です。
    国外から見た日本はとても不思議な国に思えるようです。

    良い面と悪い面どちらもあるのでしょうが悪い面を強調した方がインパクトありますので、少し批判的な意見になっています。

    「自分が日本でかかっていた洗脳。進歩は偉い、田舎はださい、自販機とコンビニは重要...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2013年05月10日

    塩野七生センセイにナンシー関さんがのりうつったかのよう。文献引用とイチヂク浣腸なる単語が同次元で扱われて違和感ないのが素晴しい。

    0

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング