【感想・ネタバレ】日本が世界一「貧しい」国である件について のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年05月04日

群れること大嫌い、自分の意見ははっきり言わないと気が済まない。
そんな性格の自分に嫌気がさすときもあったけど、そのままでいていいんだと思えた。すごく救われた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月27日

その通りだと思う。今の若者もそれに気づき始め、日本に違和感を持っているのではないでしょうか?空気を読めない者は叩かれ、同じ価値観に迎合する者が受け入れられる。世界基準で見れば異様な事であり、そんなつまらない事で人生を左右されるなんて、感受性の強い人ならこの日本の現状に辟易しているのでは?と思います。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月18日

日本の「ここが悪い」をバッサリ指摘する痛快な本。周りに流されるのではなく、自分なりのライフスタイル・ビジネス・主義主張を貫かなければ幸福になるのは難しいことに気づく。おすすめ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月25日

余り知らなかったが、ツイッターなどで色々発信している人の本。タイトルにつられて読みました。
基本的には海外で働いている作者は、海外から見た日本の文化、職業環境など、”日本人が正常”と思っているようなことが狂っている、という軸で書かれています。ただ「今の日本人は、海外からみたらおかしい」という発言をそ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月25日

面白かった〜痛快!でも言ってることはいちいち至極真っ当なことだと思う。日本てほんと情けない国だわもう嫌だと思うけど、この本読んで、それだって別に周りのことなんて気にせず自分がいいように生きて行けば日本でだって楽しく暮らしていけるはずだわと気を取り直した。でも心配事が一つ。私はフリーの英日翻訳者だけど...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年07月24日

当たり前のことなのだけれど、とても日本人が変わるとは思えない話ばかり見る日々で、絶望的になる。隗たれ、ということか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月25日

うーん。日本がヤバめだと思って、長年移住を検討しているのだけれど、候補の国がこの本を読んで少し固まってきたかも。
私が移住を考え始めたのは、白泉社から『シニカル・ヒステリーアワー』等を出している久保キリコさんが、イギリスに本拠地を移していたと知ってからである。最初は意味不明だった。だって、どうして日...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月05日

他の本と併読してたおかげで、結局五ヶ月近くかかってしまったけれど、最後は一気に読みました。
外国に住み働いてるからこそ、見えて来る日本の姿のオカシサを小気味良く書かれていて、面白く読めました。
もちろん、独断的な部分に感じる箇所もあって、それについては「いろいろある見解の一つ」というスタンスで受け取...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月21日

日本が好きで凄い国だど思っていましたが、納得できる内容でした。
憐れまれてるかは疑問ですが。
確かに、日本は恵まれてるケド、貧しい国かも。。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月16日

海外在住歴の長い筆者から見た日本について一応は客観的に書かれているようだ。日本がすべてではない、と考えさせられるとてもいい自己啓発本であった。しかし最初にこの本を手にとった時、ちきりんの著書かと思うくらい表紙が似ていて驚いた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月17日

著者は、国外でバリパリ仕事をしている方です。
国外から見た日本はとても不思議な国に思えるようです。

良い面と悪い面どちらもあるのでしょうが悪い面を強調した方がインパクトありますので、少し批判的な意見になっています。

「自分が日本でかかっていた洗脳。進歩は偉い、田舎はださい、自販機とコンビニは重要...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月10日

塩野七生センセイにナンシー関さんがのりうつったかのよう。文献引用とイチヂク浣腸なる単語が同次元で扱われて違和感ないのが素晴しい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月30日

世界一貧しい国、日本。多くの人がこの言葉を聞けば耳を疑うだろう。
だがこの本を読んだならば、その言葉に納得する人も多いかもしれない。

ツイッターで有名になった著者が、海外で生活し働いているその視点で、今の日本の常識を一刀両断する。

この本でいう貧しさとは、もちろん物質的、金銭的な貧しさの事ではな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月29日

「経済的な豊かさでは世界トップクラスの日本。だが、精神面では最も貧しい」と言われて久しい。日本のこんなところがおかしい、海外からこんなふうに見えている……等、ショッキングな話が続々。とくに「働き方」のところは、これから就職するような若い人に、ぜひ読んで欲しい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年02月26日

 根本的にこの人の頭の中は日本人ではないのでしょう。今でいうグローバリスト、グローバリズムがすべてだと思っている人の考え方。

 見方により日本を貶める内容は逆を考えれば世界のどこの国にも当てはまることであり、主体をどこに持っていくかで考え方は裏にも表にもなってしまう。そもそもそのような考え方ができ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月23日

世界の中で衰退していく日本、特にその閉塞性と非効率性
画一的な人材に陥りがちな日本の教育の問題点
日本の構造的な問題を改革できない政治とメディアの問題など

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年07月14日

日本人的な考え・あるいは堕落によって腐敗し、誰もが不幸になっていく日本の分析が興味深かった。また世界の広さを知らない自分の浅学な部分が身に染みる一冊だった。かねてから同調や伝統重視の日本の気風に疑問を抱き、また本書の「村八分」の淘汰を受けた身であったので、そうじゃない世界の寛容さ、また日本の政策の甘...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年08月19日

基本的には作者は文句ばっかり言い日本を否定するスタンス。多様性を受け入れること、自分のこととして考え行動することは共感できた。日本の良い点と悪い点を冷静に受け止め、生活していきたい。


・「提案」や自分の「考え」を準備して相手に「異なる意見」を求める。
・心の余裕
・本質を無視して細かいことばかり...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月12日

世界と日本の働き方や価値観の違い。日本では物質的に豊かにもかかわらずマインド的に豊かさを感じられないという。それはごもっともだが、では、どうしてそういう状況になったのかという分析が必要。世界からみたら日本はおかしいというけども、逆に日本からみたら世界は違う。背景なく論じてもただそれだけのことではなか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年07月02日

書かれている内容はとても納得出来ることばかりなんだけど、いかんせん文章に癖があるというか、人をイラつかせる書き方をするんだなぁという印象が強いです。多分こういうところが筆者の「売り」なんでしょうけど、あまり繰り返し読みたいと思える本ではないですね。勉強にはなりました。

このレビューは参考になりましたか?