夏の雷音

夏の雷音

作者名 :
通常価格 803円 (730円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

神保町から消えた名器を巡り殺人事件が発生。

神保町のギターショップから消えた1億2000万円のエレキギター。それはアメリカのオークションで落札されたギブソン58という幻の名器だった。盗難にあった店のオーナーはその後謎の死を遂げる……。神保町にある明央大学法学部准教授の吾妻幹は生まれも育ちも神保町。愛する街で起こった謎の殺人事件を追跡することに。教え子の女子大生を助手にして調べていくうちに億単位の値がつくヴィンテージギター業界の内情、オークションの世界のからくりを知る。そんな吾妻の前に地元神田署の刑事が立ちはだかるが……。

※この作品は過去に単行本として配信されていた『夏の雷音』 の文庫版となります。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
小学館
ページ数
432ページ
電子版発売日
2018年02月16日
紙の本の発売
2018年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

夏の雷音 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年03月07日

    私の大好きな街・神田「神保町」が舞台の社会派ミステリーです。子の町で生まれ育った大学准教授が惨殺事件の闇を追う話。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月28日

    堂場氏にしては珍しい素人探偵もの。
    舞台になっている神保町は今住んでいるところから近いので、文章だけでなく情景が想像できるところが楽しいです。有名どころばかりとはいえ実際に存在する飲食店が数多く登場するのも、この手の作品では珍しいんじゃないかな。
    肝心の本筋については自分が全く興味がないせいかもしれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月31日

    オークションで購入した1億2千万円のヴィンテージギターが盗まれる。楽器店店主をしている高校の後輩から、その行方を探して欲しいと頼まれた、生れも育ちも神保町の大学准教授の活躍を描く。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月19日

    思ったよりも評価低い。。。犯人にたどり着く手がかりが都合よすぎる(警察が一般の人に教えてくれるのかとか)とか、真相が簡単だとか、人が誰だかわからなくなるとかはあるけども。わかりやすいストーリー、神保町が眼に浮かぶ描写、ビンテージギターの豆知識などなど、スラスラ読めてよかった。神保町の食べ物屋さんがた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月10日

    レビューの評判があまりよろしくなかったので、軽い気持ちで読んでみた。
    事件を解決に導くのが警察ではなく大学教授の為、堂場氏が描くいつもの警察小説よりも、幾分緊張感が和らいだ感。東野圭吾氏寄りといった感じか?ギターにも詳しくなく、関東方面に住んだことも無いが、面白く読めた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月29日

    神保町のギターショップから消えた1億2000万円のエレキギター。それはアメリカのオークションで落札されたギブソン58という幻の名器だった。盗難にあった店のオーナーはその後謎の死を遂げる……。神保町にある明央大学法学部准教授の吾妻幹は生まれも育ちも神保町。愛する街で起こった謎の殺人事件を追跡することに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月02日

    一つの大きな盗難事件を起点にスケールの大きな全体像が明らかになっていく社会派ミステリーです。事件解決に向けて奔走する主人公の地元愛、そこからくる導き出された真相に対する切なさがあり、考えさせられる作品です。本好きにとって漠然と憧れていた神保町に、さらに行ってみたくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月25日

    本読みにとって、神保町はある意味で聖地のようなもの。
    事件の舞台は神保町ということで、期待を持って読み始めたが・・・
    思惑と異なり、書店や書物はあまり登場しない(笑)。
    事件は楽器店でギターが無くなり、その店のオーナーが続いて殺害される。
    事件の背景として、ギターやギター演奏者の名前が次々と。
    著者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年08月16日

    真夏の神保町の街や店の描写に親近感が湧いた。犯罪ミステリとしてのハラハラ感は弱いが、聞き込みと観察を重ねていくシャーロックホームズ的な展開は面白かった。楽器を巡る詐欺が主題だったので仕方ないが、地上げの歴史のくだりをもっと深めていっても面白かったかも。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています