十津川警部 北陸新幹線「かがやき」の客たち

十津川警部 北陸新幹線「かがやき」の客たち

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
紙の本 [参考] 528円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

細野新司は、金沢の女子大生竹内綾と遠距離恋愛中。北陸新幹線開業日に綾と東京から乗車する計画を立てる。だが、綾は待ち合わせ場所に現れず、細野は金沢の彼女のマンションを訪ねるが留守だった。やがて、江戸川で綾らしい女性の溺死体が発見されたと連絡が入る。捜査担当の十津川警部は細野の行動に疑惑を……。東京、金沢を結ぶ連続殺人に挑む推理行。有名観光地を舞台に描く長編旅情ミステリー。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
232ページ
電子版発売日
2018年02月02日
紙の本の発売
2017年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

十津川警部 北陸新幹線「かがやき」の客たち のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年09月16日

    例によって動機にしても推理にしても終わらせ方にしても突っ込みどころ満載なのだが、最近の量産型作品の中では読みやすい部類では。
    題名のかがやきの客、はほかになんとかなった気はするが。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

十津川警部 北陸新幹線「かがやき」の客たち に関連する特集・キャンペーン