朝鮮半島 終焉の舞台裏

朝鮮半島 終焉の舞台裏

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

《緊急出版》もはや戦争は避けられない! 話のできない【金正恩】○戦争大好き【ドナルド・トランプ】○金正恩に門前払いの【習近平】○空気の読めない【文在寅】◎役者は揃った! 外交の裏舞台と生き残りのシナリオ教えます

北朝鮮攻撃のカウントダウンが始まった! 暴発寸前の北朝鮮に、周辺国はどう対処するのか? トランプ大統領のアジア歴訪中、いったい何が起きていたのか? 公式会談の裏には、必ず非公式の会談あり。 国際社会の舞台裏では、すでに「ポスト金正恩体制」をにらんだ話し合いが進んでいる!

数量理論を得意とする経済学者・高橋洋一氏が、米朝戦争と終焉後の安全保障について徹底分析。

米朝戦争は、これから起こる戦争の合図に過ぎない!

本書は、2017年11月末時点の情報に基づき執筆されています。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKS新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2017年12月26日
紙の本の発売
2017年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

朝鮮半島 終焉の舞台裏 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年04月24日

    経済学者の高橋洋一が朝鮮半島について書いた一冊。

    2017年と今となっては多少古いものの、勉強になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月23日

    財政学者と思っていた高橋洋一による朝鮮半島をめぐる安全保障論。ちよっと古く(2018/1/1出版)米朝戦争必至の状態でかかれているようだ。
    宮崎正弘だけでなく高橋洋一も、核シェアリング導入検討を提唱している。少なくとも核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず、のうち持ち込ませずは、米国の核の傘に守られて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月17日

    データをもとに、淡々と状況を分析し、鋭く切り込む。ちょっと乾いた感じがするのだが、嫌いではない。
    朝鮮半島というか、日本も含めた極東の状況だな。
    アメリカも含む。分析がいい。アメリカはやる。なぜならそういう国だから。
    日本の安全保障問題も論ずる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

扶桑社BOOKS新書 の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング