使用人探偵シズカ―横濱異人館殺人事件―(新潮文庫nex)

使用人探偵シズカ―横濱異人館殺人事件―(新潮文庫nex)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

嵐に閉された異人館で、「名残の会」と称する奇妙な宴が始まった。館の主は謎めいた絵を所蔵する氷神公一。招かれたのは画家に縁のある6人の男女――。次々と殺されていく招待客(ゲスト)たち。絵の下層には、なぜか死んだ者が描かれていた。縊られた姿もそのままに。絵は死を予言しているのか。絵画見立てデスゲームの真相とは。使用人探偵ツユリシズカの推理が冴える本格ミステリー。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫nex
電子版発売日
2018年01月12日
紙の本の発売
2017年09月
サイズ(目安)
3MB

使用人探偵シズカ―横濱異人館殺人事件―(新潮文庫nex) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月10日

    シリーズの一作目だが、自分が読んだのは4番目。
    一冊目からこのシズカシリーズの世界観だった。
    横浜の感じも異人館の感じもあまり出てこなかった。
    洋館でメイドがいるために必要な舞台設定だったのかな。ゴシックで現実感のない世界観に浸れる一冊。
    犯人の予想は、ちょっぴり当たった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月08日

    ミステリーだけどダークホラーのようなおぞましさ。展開が早いのでサクサクと読めた。巧妙に練られたトリックも面白く、シズカが丁寧に解説してくれるのですっきりとした読後感が良い。首無館の方を先に読んでしまったけど、このメイドの異質さを痛烈に感じることのできる一冊。
    でも最後の『愛ゆえ』だけは少しチープに感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月13日

    シリーズ1作目だけど読むのは2作目。このシリーズはミステリの定番ガジェットを弄くるのが決まりなのかな。本作は見立て。推理は奇妙な感じを受けたが、メタっぽいせいかもしれない。新本格っぽいね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月21日

    隔絶された館に見立て殺人、という、こういうのが大好物の読者にはそりゃもうたまらないミステリ。居留地という一種独特の舞台もまた雰囲気を一層に引き立ててくれます。
    奇妙な会合に招かれた主人公と、彼が巻き込まれた連続殺人。絵に予言された死、と道具立てはもう抜群。そして探偵役を務める完璧な使用人シズカ。(い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月06日

    炎舞館が面白かったので、1作目から。
    シズカの完璧さがちょっと怖い。横浜居留地の断崖屋敷に閉じ込められた、遺産に関わる名残会の面々。そして絵画の見立て通りに死んでいく登場人物たち。シチュエーション的にはめちゃめちゃ好みでした。見立て殺人からの見立て返しの、見立て返し返しで、途中かなり混乱しました…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月20日

    父の死によって、出て来た価値のない絵。
    それを買い取る、と申し出た金持ちがいた。

    荒ぶる天候、落とされた吊り橋。
    ものすごく王道な状況で、探偵は雇われメイドで
    主人公は疑問を投げかける人。
    気持ち的には主人公ですが、この使用人
    なぜこれほどまでに冷静なのか。
    色々な事が起こるのが多かった、とありま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月02日

    前に読んだ「首無館の殺人」が面白かったのでシリーズの第一作となるこちらも読んでみた。あらすじや設定は凄い盛り上げていて、途中までは「この一連の見立て殺人はどういう結末を迎えるんだ!?」とワクワクしながら読めていたのだけれど、正直最後らへんは予定調和というか「やっぱりこうなったかー」感が強すぎた。硬質...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月17日

    見立てを巡って、二転三転する論理ゲームがやりたかったんだろうな、と思う。それ以外のところは典型的な嵐の山荘ものであることも、WHOもWHYも如何にも適当な感じで、なんだか取ってつけたよう。これだけ美味しそうなネタをてんこ盛りにしておいて、スカすような作風だから、全否定する人もいそうな出来だが、個人的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月05日

    父の死後、蔵から発見された絵を届けに行くことになった息子。生気のない人形めいた使用人シズカに案内され、外国人居留地の名残館へ誘い込まれるように…
    使用人探偵シズカシリーズ1作目。

    吊り橋が落ちてしまえば陸の孤島となるクローズドサークルもの+見立て殺人と雰囲気たっぷりで好きな設定です
    使用人シズカの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月09日

    設定には惹かれるし 途中までは面白く 引き込まれてサクサク読めるんだけど 後半ごちゃごちゃしてきて 急にわかりづらくなりスピードダウン。ついでに気持ちもダウン。
    読み終わったあとも なんだかスッキリしない。
    シズカのこともキライじゃないんだけどなぁ。
    アイデアはいいんだけど 腕がなぁってこと?

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫nex の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング