中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

日中戦争はもう始まっている! 戦闘なしで中国に勝つ方法とは?

2015年「まぐまぐ大賞」総合1位! 日本一のメルマガ発行人の最新刊!
「戦争が始まっている」というのは事実です。私たちは、「戦争」と聞くと、「戦車」「ミサイル」「軍艦」「戦闘機」「爆撃機」「潜水艦」などを使う「戦闘行為」を思い浮かべます。しかし、実をいうと、戦争は、実際の戦闘が起こるずっと前に始まるのです。
本書の目的は、第1に、尖閣、沖縄を守りつつ、「日中戦争(実際の戦闘)を回避すること」。第2に、やむを得ず戦争(戦闘)になっても、勝てる道を示すことです。

戦後の長い平和に慣れた日本国民には、「刺激の強すぎる」本かもしれません。しかし、これから本書で皆さんが目にするのは「事実」「真実」です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKS
ページ数
320ページ
電子版発売日
2018年01月01日
紙の本の発売
2017年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

中国に勝つ 日本の大戦略 プーチン流現実主義が日本を救う のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年10月14日

    RPEの読者にとっては新しい情報は特にない。
    著者の言っていることはずっと首尾一貫していて、それを2017年時点で時系列で整理してまとめた本。

    主敵は中国で、そのためには米国との同盟関係は強化し、ロシア・韓国とも手を組むことが肝要、
    との著者の持論に沿った形で日本の外交が進んでいる現環境では、心な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月19日

    これからの中国に対する対応。
    そして各国に対する外交について書かれている。
    どうすれば戦争をせずに済むかを提案している。

    各国の思惑について日本はどのように対応していけばよいのか。
    一度読まれることをおすすめします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月11日

    中国に負けないための戦略が、仲間を作って絶やさないことというのは、当たり前のようだが、それを維持するのとても難しい。改めて再認識できる本でおススメ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月17日

    北野氏のメルマガでは今ひとつ読みづらいが本で読むと読みやすい。10年前から軸はぶれてないようだ。とにかく日本が孤立しないようにアメリカ、インド、韓国、ロシアとよい状態を保つことがキモらしい。日本の主張は必要だが、他国を刺激することは避けたほうが良さそうだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月15日

    北野さんの本3冊目。色んな意見があるんだろうけど私には納得しやすい事実に基づいた考察。引き続き北野さんの著作は読みたいと思うけど他の意見も読んでバランス取って自ら考えたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月03日

    【造仲間】
    中国を敵対視する必要はない気もしますが、近いが故に仲良くできない感じもあります。

    国と国の関係は孤立が死を招きます。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年03月04日

    「反日統一共同戦線戦略」2102年
     中国がロシア、韓国と作り、アメリカも入れて日本をつぶす。

    「善悪論」ではなく「勝敗論」
     名を捨て、実を取る、外的バランシング。
     孤立したから日本は戦争に負けた。

    「戦略的忍耐」
     ・アメリカとの同盟強化
     ・ロシアと友好関係
     ・韓国と和解 
     ・インド...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています