訴訟合戦 オレ、あした、部長のこと訴えるわ

訴訟合戦 オレ、あした、部長のこと訴えるわ

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「部長の発言、訴えてもいいんですよ」。「殿山缶詰」の若手社員、飯尾、佐山、多賀井の3人は、日頃の鬱憤を晴らそうと「裁判」「慰謝料」などの言葉をちらつかせ、部長の久保見を謝らせることに成功する。これをきっかけに社内では部下が上司を訴える事態が頻発。容認できない課長の楠木、寺石たちは、弁護士をバックにつけ反撃を開始した。そんな中、会社が買収されるかもしれない事件が起こって……。実用ビジネスノベル!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2017年12月21日
紙の本の発売
2017年12月
サイズ(目安)
2MB

訴訟合戦 オレ、あした、部長のこと訴えるわ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月19日

    タイトルに「訴訟」という語句が含まれていますが、訴訟や法律に関する知識というよりは考え方の端緒を学べる一冊と考えたほうがよいでしょう。ストーリーとしては中年社員とゆとり世代社員が反目しながらも会社の緊急事態に直面するなかで力を合わせながらお互いを少しづつ理解していくというもので、特に後半は面白みのあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月03日

    缶詰メーカーの殿山缶詰は、零細企業ながら歴史ある缶詰製造会社だった。
    長らく、親族を中心に大手取引先などに地道な営業を続けていた。

    そんな中、殿山缶詰にも大卒の新入社員が入るようになった。

    しかし、ゆとり世代の彼らは、仕事への熱意は薄く、叱責する上司の発言の揚げ足を取り「訴訟」「慰謝料」などの言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    若手社員が中間管理職を懲らしめるが最後は・・というストーリーよりも、佐山クンの展開するロジック、対戦するオトナたちのロジックパターンが、参考になるといえばいえる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています